読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アラタカンガタリ~革神語~ (7) (少年サンデーコミックス)

アラタカンガタリ~革神語~ (7) (少年サンデーコミックス)

アラタカンガタリ~革神語~ (7) (少年サンデーコミックス)

作家
渡瀬悠宇
出版社
小学館
発売日
2010-06-18
ISBN
9784091223326
amazonで購入する Kindle版を購入する

アラタカンガタリ~革神語~ (7) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

ヨルナミを立派に育てたい為にあえて心を鬼して接する母親の思いに涙。「絆」ってホント大事と教えれる巻。革の試練!?でまさか今は最大の敵である門脇の言葉に救わるなんて。門脇もいつか革の言葉に救われる日が来るんだろうね。門脇が鞘になったのはミヤビに対してはああ言ってるけど、本音は革と同じ鞘になる事で同じ土俵に立ち好敵手として見て欲しいんだと思う。革と門脇ってやっぱ似た者同士なんだなぁって思った。巨乳好きなとこが(笑)ミヤビちゃんのあの爆弾発言は誤解を生むけど、でも正論なんだよね。心底嫌いなら無視すれば良いだけ

2018/04/21

ako

やっと十二神鞘の1人を降した革。今回のヨルナミのように自分から降る者ばかりではないですからまだまだ先は長いですね…次はクグラ。革は門脇と以前は友達だった事を思い出したと言うけど友達を忘れるものかなぁ?門脇が革に執着しているのは好きだからか。ミヤビが門脇の心の隙間を埋めてくれたらいいのに、とか思ってしまう。

2015/03/10

ふみ

十二神鞘ヨルナミを降し、ヒルコをはじめとする属鞘たちも革の『創世』に降るお話で、今は亡・母に認められたいヨルナミが革とであった事で、母はもとより革とも強いの絆で結ばれたようです~素敵なお話しだったなぁ(^o^)それに、新キャラ・男装・ミクサ&采女・ラミが登場し、現在世界ではハルナワが動き出しだし大変なことに(-_-;)

2013/09/04

すみの

十二神鞘ヨルナミを降し、ヒルコをはじめとする属鞘たちも革の創世に降る。しかし、革たちが上手く事を運べば、現代では門脇と入れ替わったハルナワが人を消していき、家族の身の安全も不安。難しい状況に置かれる革。中学時代の革と門脇のエピソードが描かれているが、二人とも言葉で自分の気持をストレートに出していればなぁ…と。門脇の侍女ミヤビがうまく門脇の気持を見抜いているのがお見事!改心するのを期待してる〜!

2013/02/10

ちびはな

友達から借りた。

2014/03/16

感想・レビューをもっと見る