読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

虹色とうがらし 5 (少年サンデーコミックス)

虹色とうがらし 5 (少年サンデーコミックス)

虹色とうがらし 5 (少年サンデーコミックス)

作家
あだち充
出版社
小学館
発売日
1991-08-09
ISBN
9784091224651
amazonで購入する Kindle版を購入する

虹色とうがらし 5 (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

続々と色んなことがわかってきますね。芥子の坊の変装、誰かに似てる⁉もしや髭をなくせばあの人の父⁉

2019/07/25

akagi_paon

★★★

2016/10/21

KUU

再読。とうとう七人兄弟が揃ったかー。いや、一人ニアミスだけど。どの兄ちゃんも優しいね。とはいえ、血を分けた兄弟姉妹なら無条件に親近感抱くかというと――な例はそのうちに

2014/08/25

富士さん

芥子兄ちゃんの墓参りと宿場町でのちょっとしたエピソードの第5巻。勧善懲悪のご都合主義でありながら、少しずらしてクスッと笑いをとるセンス、ピリッと効かせたパロディや気持ちのいい言葉遊び、そして菜種の色っぽさ(エロさじゃないのよ)が巻を追うごとに磨きがかかっています。絵が馴染んできたということの然ることながら、菜種の生い立ちが他の兄弟と違う事が繰り返しぼんやりと匂わされてきた事の演出効果が大きような気がします。菜種に影を読み込んでしまうんですよね。ここんところのお話の持って行き方が本当にうまいですねぇ。

2014/07/07

B子

マジ、おもろいなぁ。

2012/11/07

感想・レビューをもっと見る