読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うしおととら (3) (少年サンデーコミックス)

うしおととら (3) (少年サンデーコミックス)

うしおととら (3) (少年サンデーコミックス)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
1991-03-18
ISBN
9784091224835
amazonで購入する Kindle版を購入する

うしおととら (3) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まろんぱぱ♪ 

うしおが成長していく巻でしたね。海のむこうから来た鐔(ヒョウ)との関わりが、うしおのとらへの気持ちが変わるきっかけになります。海の妖しの話で語られた、蒼月という名前の意味する事が、これからの謎とされます。本筋とは違いますが、麻子ちゃんいいですね。やはり、ボーイミーツガールは、冒険譚の基本(^.^)bあ、二人もいる(笑)

2015/10/01

流之助

とらとのわだかまりから鏢に嘘をついてしまったうしお。結構残酷なことをする。子どもだから仕方ないけど。後半に登場あやかしについて、人間も妖怪も食べる、とのセリフがある。ここにちゃんと伏線張っているのね。あやかしとは何か?ということの。タツヤの母の形見のトランシーバーについては、アニメでは携帯電話に変えられている。母が見ている、とタツヤに諭すうしおの瞳の片方が人間、片方が獣のものに描かれているところが秀逸。ラスト、うしおの獣化が解けて髪が抜けるシーンが、とらとの関係性の変化も伺える印象的なシーンになっている。

2018/02/06

アヤ姉

共読表示のため、登録。鏢さん登場巻‼︎感想はワイド版にて。

2015/07/15

カラシニコフ

海のあやかし、でかすぎやろ。 ★★★☆☆

2017/06/19

文吾

★★★/トラと喧嘩して大陸から来た暗殺者の鏢をトラにけしかけるうしお。そういうのは好きじゃないな。そりゃ鏢も怒るよ。(ki)

2020/05/31

感想・レビューをもっと見る