読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アオイホノオ (5) (少年サンデーコミックススペシャル)

アオイホノオ (5) (少年サンデーコミックススペシャル)

アオイホノオ (5) (少年サンデーコミックススペシャル)

作家
島本和彦
出版社
小学館
発売日
2010-11-12
ISBN
9784091225788
amazonで購入する Kindle版を購入する

アオイホノオ (5) (少年サンデーコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

自動車教習で本免3回落ちる。タイミングだけじゃないだろぅ...

2015/05/22

ジョニサン

そうそうにトンコさんにガッカリされるホノオ君。その理由じゃそらそうやろwwwwそして、休みだからっていうことで自動車免許取得を目指すが結局今巻中に取れず。イロイロアレコレ余計な事考えすぎで、出さなくてイーのに妙にアニメ漫画の影響だすからぁ~苦笑 一瞬、『ようやく漫画書くんか!?!?』って、所もあったのに、ナーゼ書かない!?wwwwそんなところで時間使ってると書きたい漫画も月産600もできないっちゅーのにwww欲しい物があるのはわかるけど、結局何を目標にしてるのか軸がブレブレであと言い訳がやっぱり多いよww

2015/05/12

ぐっち

運転免許の話で終わってしまった。またもやファンタジーな女子が登場してますね。「高橋留美子はタイミングだけで生きている!!!」。「ラストスパート」読み返したいな。文字ヅラでは上から目線でけなしつつも、どの作品も読み返したくさせるのは素晴らしい芸かと。庵野サイドの話は盛り上がってきましたね!ダイコンⅢのオープニングの話、キター!!あああーっ、のうてんきの人!のうてんきの人もガイナックスにいるのか!!そして、女の子への最高のおもてなし、この人「監督不行届」までぶれないな。

2014/08/13

トラシショウ。

積読消化。アニメも漫画もライバル達に大きく差をつけられ、母の勧めも在って運転免許を取得する為に向かった教習所で強面な教官からの叱咤と言う手荒い歓迎を、同じ境遇の異性・岩瀬順からの熱い眼差しを受ける事になるホノオとは裏腹に、のちのガイナックスで大きな役割を果たす武田らの勧誘から大型イベントDAICON用のオープニングアニメ製作へと乗り出す庵野や山賀、赤井達。完全に主客転倒。これほどライバルよりも主人公の方が作品世界においてどうでもいいポジションにいるエピソードもそうはないよな(笑)(以下コメ欄に余談)。

2017/03/06

ぐうぐう

ガイナックス3人組とのエピソードが平行して描かれることで、ホノオの空回りぶりが際立つ第5巻。庵野をはじめとする3人組が、伝説の『ダイコンⅢ』へ着手していくのと反比例するかのように、漫画家とはまるで無縁な自動車教習所でホノオは取り残されていく。しかし、その空回りの中にあっても、彼が想うのは漫画やアニメのことであって、それが漫画家への道に繋がっていること以前に、生きるヒントとなっているところが素晴らしい! そう、あとはタイミングだよ。

2010/11/14

感想・レビューをもっと見る