読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アラタカンガタリ~革神語~ (9) (少年サンデーコミックス)

アラタカンガタリ~革神語~ (9) (少年サンデーコミックス)

アラタカンガタリ~革神語~ (9) (少年サンデーコミックス)

作家
渡瀬悠宇
出版社
小学館
発売日
2010-12-17
ISBN
9784091226969
amazonで購入する Kindle版を購入する

アラタカンガタリ~革神語~ (9) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

神鞘になった代償に「記憶」を失ったクグラだったけど、ある事がきっかけでエトと「兄弟」であることを思い出して、良い感じの雰囲気な所に糞門脇が~!!この馬鹿野郎。感動のご対面に邪魔すんな!!(怒)クグラが革に言葉に救われて、降るシーンが切ないなぁ(涙)逆切れした門脇VS革の真剣勝負で、負けた門脇の何とも清々しい顔が印象的。初めて革が自分相手に本気を出してくれたことが凄く嬉しかったんだよね。再戦を誓い、いつか仲直りして共闘する日が来ると良いな。最強&最凶の黄金コンビ。

2018/04/21

ako

革と戦った後の門脇の顔が印象的でした。以前と違って革が全力で自分と戦ってくれていることが嬉しそうな顔。そして自分よりミヤビをいたわる心。いつか革と門脇がわかりあえる日が来ると思えました。自分の大切な人を守る為、門脇と向い合う革の顔は迷いがなく、強くなったなとしみじみ。

2015/03/17

ふみ

風を操る神鞘クグラの過去話と、革に降った編♪途中、門脇の攻撃にあい、クグラの取った決断と兄弟愛にチョッとウルウル…その後、革一行は男装剣士ミクサに連れられ秘女族の里へ、向かいますが…まだ分からない「先生」の正体もかなり気になるところですね^m^少年漫画(サンデー)連載なんだけど、少女漫画の作家様のお話しだなぁ~と、この辺までくると思いますね♪

2013/09/04

すみの

クグラからプロポーズ?女装革がタジタシなのが笑える。愛の告白中に門脇軍団、出現。そしてじつは実兄だったクグラ属鞘・エト。兄弟のエピはジ〜ンとくる。またもや革の門脇に対する怒り、嘆きを感じる。更なる力を得る創世に、革を「日輪ノ大王」と呼び、自分の里に連れて行くミクサ。ガトヤで会った秘女族の先生「テオ」…謎のイケメン…。

2013/02/10

METHIE

アラタ カンガタリ〜革神語〜 9箇条書き感想 ・空を飛ぶ剣神便利すぎ笑った ・というか無効化や相手の能力をものに出来るという能力はよくあるが、相手を能力で倒すのではなく、相手が納得して身も心も捧げて貰うというのは斬新。 ・兄弟なのは予想できた ・ボチボチ恋愛話も

2013/10/02

感想・レビューをもっと見る