読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

信長協奏曲 (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

信長協奏曲 (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

信長協奏曲 (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

作家
石井あゆみ
出版社
小学館
発売日
2011-02-10
ISBN
9784091227379
amazonで購入する Kindle版を購入する

信長協奏曲 (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

寺(о´∀`о)ノ

明智光秀が織田家に。いよいよサブローが足利義昭を奉じて京都へ上洛。兄上大好きなお市は浅井長政の妻に。織田家に忍び込んだ上杉家のくノ一が盗んだサブローの日本史の教科書(笑)。この騒動でサブローはとうとう史実が分からなくなる。竹中半兵衛も織田家に。ルイス・フロイス登場…と、まあ、ストーリーを説明してもただの織田信長伝になってしまうのだが、サブローが未来人という一点で起こる違和感と仕掛を楽しむ漫画である。このサブロー、大賢は大愚に似たりを体現した大衆小説のヒーローの定石でもある。『竜馬がゆく』的信長である。

2016/09/02

あん

大事な歴史の教科書を焼失!笑えるネタと歴史通りの展開のバランスが説妙です。ただ、私の記憶の中の歴史が薄れているからわかったのですが、歴史に対する予備知識が必要です。

2016/01/31

くりり

あいださんって誰?教科書燃えちゃったからねぇ(笑)でも、このまま歴史と同じ様なことになるのでしょうか?チンギスハーンになるのでしょうか?

2014/11/30

wata

大事な教科書が!あまりにも歴史を知らなさすぎるサブローで、ツッコミどころ満載^^;明智光秀は知っとかないと!あいださんって…誰?

2014/11/15

佳蘋(よし)

とうとう教科書が失くしちゃいましたね。これでどうなるのか本能寺!

2012/03/26

感想・レビューをもっと見る