読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うる星やつら (15) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

うる星やつら (15) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

うる星やつら (15) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

作家
高橋留美子
出版社
小学館
発売日
0000-00-00
ISBN
9784091228154
amazonで購入する

うる星やつら (15) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kanata

再読。恋の前に咲く花をとってくる因幡の試験、しのぶにもやっと春が。キラキラの目になってしまう乙女バシカ。ラム手づくりの菓子で狼男になったあたると、それを見分けるラム。食べるとそのひとの心が飛び出し、掴むと掴んだ人間を夢中にしてしまうハートのアメ。そして闇の宇宙を舞台にした「ボーイミーツガール」。物語の締めが鬼ごっこなのは納得。

2019/06/29

パンダプー

思わずホロリ(笑) 涙もろすぎるかな。 でも、ハッピーな終わりはいいね♪

2011/11/14

Decoy

「ボーイ ミーツ ガール」は、このマンガっぽくない記憶があったが、久々に再読したら、感動してしまった。素晴らしい!

2014/08/20

佳蘋(よし)

再読。素晴らしい最終回。心をほんわかと暖かくなる、そんな最高のラブコメ。

mio

女性なら誰彼構わずくどくくせに、好意を寄せてくるラムだけには、態度が頑ななあたる。納得の告白(?)と、第一話とリンクしたラストがよかった。それにしても、『らんま』とそっくりだね。

2012/04/06

感想・レビューをもっと見る