読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うしおととら (12) (少年サンデーコミックス)

うしおととら (12) (少年サンデーコミックス)

うしおととら (12) (少年サンデーコミックス)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
1992-09-18
ISBN
9784091231024
amazonで購入する Kindle版を購入する

うしおととら (12) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

流之助

見開きページ多くて迫力満点の作画が続く。うしおの髪を梳ることで、獣から人間へ。瞳の描写が印象的。瞳孔が消え失せ、白目のなかにゆらぎのようなものだけが残る瞳。まるでとらのような。うまくヒントが散りばめられている。とらがツンデレな分、イズナがよく喋りよく笑って代弁しているようなところが楽しくなる。アニメでは、梳るコマがかなり忠実に再現されていてよかった。とらまゆ成分多め。うしおととらの、二人で一体となって疾走する姿がカッコいい。不敵に笑うとらに飛び乗り敵を蹴散らす。各章のタイトルも決まっている巻だった。

2018/02/07

アヤ姉

共読表示のため、登録。「お前は人間だろが!」あんな大ゴマでうしおととらが互いの顔を見るシーンは、多分この巻が初めて。印象的。感想はワイド版にて。

2015/07/20

明那

潮くんに助けてもらった女子が潮くんのために必死に戦ってくれました。あさこくるしいぜにはグッときたなあ。ちゃんと戻ってきてよかったよ。潮くん!!さて、槍が誕生するまでの話がわかるのかな?楽しみですね。

2015/08/28

コリエル

再読。この巻は面白すぎる。紫暮たちが総力戦で結界を張るところも緊迫感があるし、その中で女たちがうしお復活のために頑張るのもよい。麻子も正ヒロインの貫禄を見せ付けた感じ。でもやっぱりとらの「お前は人間だろが」が一番の見所かな。復活後の嬉しそうな大笑も良い。

2015/07/27

キャベ

うしおヒロインたちがカッコ良すぎて思わず正座しちゃう。 紫暮さんもカッコいい。 「お前は人間だろが!」 うしおが元に戻ってよかったね、とら。 …でもそこで盛り上がりすぎて、古代中国編はちょっと落ち着いた話に感じてしまうな。

2015/07/23

感想・レビューをもっと見る