読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うしおととら (17) (少年サンデーコミックス)

うしおととら (17) (少年サンデーコミックス)

うしおととら (17) (少年サンデーコミックス)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
1993-11-18
ISBN
9784091231079
amazonで購入する Kindle版を購入する

うしおととら (17) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

流之助

対キリオ&九印&・・・編。今までの妖怪たちの雰囲気とは一変し、ゴシックホラーばりの展開。アニメではまるまるではないけれど微妙にカットされている。日輪のコンプレックスについてはほとんど触れられていなかった。とらがうしおに抱く自分に抱く感情に気付きつつある巻。そして、引狭のかゆうま日記に語られた、恐るべき女斗和子。コート来たデザインがかっこいい。読者は、彼女の瞳のデザインを見て言葉によらず悟らされる。日記の内容や物語の雰囲気よりも、その瞳が語る彼女の正体。見せ方がうまい。ケレン味たっぷりの描き方が恐怖を誘う。

2018/02/08

sion

とらはうしおの事をどう思ってるんだろう。とらが思う強さとは何だろう。獣の槍が大ピンチ!

2015/08/09

かす

うしおもとらもいつもとは違うコンビで戦います。新鮮で良いです。日輪ってベビレの高見に似てるな…なんて。ところで九印のデザインかっこいいですよね。最初は頭の3つの点が顔に見えておもしろキャラに見えましたが(笑)。「ママ」は前巻から不気味でありましたが今巻もヤバい表情見せてくれちゃいます。ちなみに獣の槍の心配はしてません(笑)。どのように助かるかなと期待するところです。

2017/07/26

明那

とらは素直じゃないなあ。流さん格好よかったです。さて、槍の行く末はどうなるのか。

2015/09/08

文吾

★★★/辛いことばかり続く潮。まだ中学生なのにこの試練。キリオママ・斗和子登場、キリオ少年が獣の槍を破壊する手前まで。(t)

2021/02/16

感想・レビューをもっと見る