読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

信長協奏曲 (5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

信長協奏曲 (5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

信長協奏曲 (5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

作家
石井あゆみ
出版社
小学館
発売日
2011-08-12
ISBN
9784091231284
amazonで購入する Kindle版を購入する

信長協奏曲 (5) (ゲッサン少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

熊田曜子の夫・寺

1日で1巻から立て続けに読んだら若干飽きて来たが(笑)、これは私が悪い。漫画のせいでは無かろう。割と話がスイスイ進んでいた4巻までとは違い、5巻はほぼ1冊、浅井長政の裏切りによる金ヶ崎の撤退戦である。松永久秀登場。この松永のキャラクターは斎藤道三で免疫が出来ているのでもうびっくりしない。それ以外は割とオーソドックスな時代伝奇っぽい5巻だった。さてこの勢いで6巻を読むか。

2016/09/02

あん

サブローがすっかりお殿様っぽくなってきました。私はイケメン好きなので目つきの悪い秀吉サルは嫌いです。今回のツボは、寝返りゴロゴロのお茶々でした。

2016/01/31

くりり

柴田勝家,丹羽長秀,明智光秀,羽柴秀吉の4軍団長に、ヤクザ松永久秀の頑張り。でも一番印象的なのはごろごろ茶々(笑)

2014/11/30

流言

朽木元綱って関ヶ原の造反組か。こんなところでも出番あったんだ、知らなかったよ。期せずして歴史のターニングポイントに名前が出る人だ。作中ではボンボンの青二才と言われているし事実この時21歳くらいなんだけど、調べてみたら2歳で先代当主が亡くなっているので言われるほど平坦な人生じゃなかったんじゃないかなあ。いや、タイムスリップして大名級にまでのしあがった松永さんに言わせればそれは当然ボンボンなんだろうけど。松永久秀には有名な弟がいたはずですが、秀吉兄弟のように同盟者的な関係だったんだろうなあ、と思わせてくれる。

2015/07/08

佳蘋(よし)

おまわりさんの次に、これを持ってくるとは・・・。

2012/03/27

感想・レビューをもっと見る