読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うしおととら (23) (少年サンデーコミックス)

うしおととら (23) (少年サンデーコミックス)

うしおととら (23) (少年サンデーコミックス)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
1995-03-18
ISBN
9784091234032
amazonで購入する Kindle版を購入する

うしおととら (23) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

流之助

月影に生える妖怪たちと人間ひとり。表紙がかっこいい。西日本妖怪編~キジムン(短編)。白面との初戦。戦いに目がくらむうしおたち。恐怖を糧にするという白面の設定がうまく生きており、ただ強いだけの敵ではないところが難敵といった印象。1ページをまるっと使った白面の顔のアップが物凄い迫力である。アニメではさらっとしていたけれど、負の感情に対峙しなければならない難しさというのが、原作ではより細かに描かれていて説得力がある。この巻の好きなコマは、満月をバックに疾走するうしとらのラストのコマ。とらは月に映える。

2018/02/08

sion

白面の者の戦い。獣の槍の怨みは強い。東西頭の妖が手を組みました。一番の功労者はお母さんだね。男前じゃ!最期の人気投票でとらが不動の一位だったのか。

2015/08/22

いおむ

既読済み本登録です。

2021/05/19

明那

西の話終了。面倒な事をしてくれましたが(;´Д`)でも、仲間は増えましたね。あと、満月も雰囲気のよい話で良かったです。

2015/09/13

むきめい(規制)

タイムリミットが出来てしまった。

2017/02/20

感想・レビューをもっと見る