読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

H2 (14) (少年サンデーコミックス)

H2 (14) (少年サンデーコミックス)

H2 (14) (少年サンデーコミックス)

作家
あだち充
出版社
小学館
発売日
0000-00-00
ISBN
9784091235046
amazonで購入する

H2 (14) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

exsoy

広田が強気の理由が明らかに。かわいそうだな。

2014/08/21

kagetrasama-aoi(葵・橘)

木根くん、やっぱりギャグ要員なの?好きなのになぁ……!大竹くんと島くんの会話、ますます不穏に。

2019/08/19

Hammer.w

バッテリーの呼吸じゃないでしょ。女房役の菅は、ただ息をひそめているだけです。離婚を恐れてね。呼吸を合わせないとイイ夫婦も野球も出来ないよね。

2019/05/14

ソラ

木根の発熱、比呂のケガで逆境の中千川は逆転勝ち。そして、栄京学園との激突が近い中広田の親戚である島と大竹はどう出るのか。二人の気持ちは当初のものとはかなり変わってきているのは感じる

2012/10/08

みなみ

大竹は比呂の怪我の手当をしてくれた。自分が野球でヒーローになることで彼は立ち位置を自ら変えた。残るのは島…一方で、ひかりは比呂に、野球部のマネージャーになった理由を告げる。こちらはH2の通奏低音であるじんわりとした切なさ。さて、いよいよ次は対広田である。

2020/10/03

感想・レビューをもっと見る