読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちろり (3) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

ちろり (3) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

ちろり (3) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

作家
小山愛子
出版社
小学館
発売日
2013-02-12
ISBN
9784091241139
amazonで購入する Kindle版を購入する

ちろり (3) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しましまこ

違う時間が流れてるよね。

2015/04/26

いっちゃんず

3巻目にして、とうとう全編を風呂で読了(何をやっているんだ俺)。私にとって、ヒーリング効果がある本のようです。丁寧に描き込まれた画とか、当時の日常の描写に過ぎないようなストーリーとか、イメージ映像を見ている感覚に近いかな。

2014/12/25

参謀

西洋文化かぶれのにぎやかお嬢様登場。ちろりとは正反対ですね。マダムがそれとなくちろりを大事にしているのがすごくよかったです。そしてマダムの風邪ひき。突然のことでどうしたらいいかわからない焦るちろり。おじさんに色々言われてしまいます。でも心配性のちろりの頑張りもあってマダムも回復。いつもの日常に戻るのでした。

2016/10/20

何事にも全力で

虹はやっぱりカラーじゃなくて残念。新キャラ百合ちゃんはこれからも登場するのかな?

2013/02/13

夜子

ちろりとマダムの、優しい繋がりを思わせる話が多い3巻。あとがきの作者さんの言葉、「少しでも心もようの近しい方にお届けできる物語をかいていきたいと思っています。お側において頂けたらこんなに嬉しいことはありません」という言葉がとても胸に残ります

2017/03/14

感想・レビューをもっと見る