読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ふだつきのキョーコちゃん (1) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

ふだつきのキョーコちゃん (1) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

ふだつきのキョーコちゃん (1) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

作家
山本崇一朗
出版社
小学館
発売日
2014-01-10
ISBN
9784091245977
amazonで購入する Kindle版を購入する

ふだつきのキョーコちゃん (1) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

exsoy

シ、シスコンだぁー!

2016/09/01

kanon

まず、「面白かった」「可愛かった」と思いましたよ!作者コメントでこう思ってくれたら嬉しいと書いてあったので(笑)余裕で思いましたねはい。絵に温かみがあって非常に良いと思う。よきアナログの雰囲気がする。タイトルの”ふだつき”とは、本当にふだつきだからであった…でもこの設定、まだ生かしているのは、本性を抑える為のリボンを結んでいることと、血を吸うと言うことだけである…まあいつか過去話とかも描かれるだろうから、それが今から楽しみである。でもそれがくると終わってしまうので、このままのだらだらでも良い気はする(笑)

2015/01/17

どんぶり

リボンが取れると泣き虫素直な性格になっちゃうツンデレ妹キョーコちゃんと、ある理由でリボンが外れるのを全力で阻止しようとしているニセ不良の兄ケンジのお話。このあらすじだと、ケンジは何故妹が折角素直になるのに、それを阻止しようとするのか疑問に思うと思うのですが、まぁ…身の危険が迫ってしまうので(笑)一応伏せてるつもりですが、わかる人にはわかっちゃいますかねこの言い方(^_^;)妹のギャップ具合と、兄の性格がいい感じで面白いです。頑張ってるけどズレてるっていうか。絵も好みです。可愛い♪好きです(^^)

2014/01/14

しぐ

キョーコちゃんとお兄ちゃん、両方ともかわいすぎて読んでよかったと思えた。妹のためにヤンキーを演じるお兄ちゃんとキョンシーの妹、今までにない組み合わせ。キョーコちゃんのリボンがほどけたときのデレの破壊力が大きい。なんでキョーコちゃんがキョンシーなのかについての説明はどれくらい先で出てくるかな。

2016/03/14

イーダ

「高木さん」ほどのインパクトは無いかな。「妹モノ」はもうお腹いっぱいというのがあるのかも。兄としては妹のためにあそこまでやっちゃうもんですよね。ケンジは決してシスコンなんかじゃない!って、自分から泥沼にハマっていってるなあ。むしろキョーコちゃんの方が強烈なブラコン。絵がシンプルでテンポも良いし、素直に面白いと思います。

2014/08/16

感想・レビューをもっと見る