読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

くちびるに歌を (2) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

くちびるに歌を (2) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

くちびるに歌を (2) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

作家
中田永一
モリタイシ
出版社
小学館
発売日
2014-03-12
ISBN
9784091246073
amazonで購入する Kindle版を購入する

くちびるに歌を (2) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たべもも

★★★☆☆。合唱部の男女の溝は部長のマジギレにより良い方向へ。個人個人の悩みは本当に尽きません。シリアス方向へ行くかと思ったら、意外に今巻は全体的に穏やかな雰囲気でした。

2015/03/11

椿

柏木先生の中学時代の態度に笑ったよ〜自分勝手で傲慢で。思春期だから仕方ないかもしれないけど。思い出して恥ずかしいんだろうなぁ。あとがきまんがの貴族の遊びのビーチフラッグス、すごいね〜これが一番ビックリしたかも。よくあるのかな。

2015/06/08

ネロ

結構展開が早いんですね!次巻で終わりかな?Nコンが楽しみです。

2014/10/09

Hu

学生編から社会人編にでも変わるのかと思ってた。 合唱部に雨降って地固まる。

2015/03/14

紫雲寺 篝

人としての裏表や感情の揺さぶりが思春期にはごった返しで、動揺や不安を隠すことなんて出来ないけど、そんな時代と狭い世界で生徒達はめいいっぱい生きてるんだなぁと思う。独りよがりの考え方や勘違いとか、そんなもののが妙に恥ずかしかったり、でも愛おしくも思えたりします。今回の話はまさに、遠過ぎる二人を秘密がぴったんこ、って感じの話でした。こういう裏表、嘘本当、建前と本音とを持っている所が人間らしさを表している気がします。コミカライズですがとても引き込まれます。あとがきは打って変わって馬鹿馬鹿しくて良かった。

2015/05/08

感想・レビューをもっと見る