読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

モブサイコ100 (6) (裏少年サンデーコミックス)

モブサイコ100 (6) (裏少年サンデーコミックス)

モブサイコ100 (6) (裏少年サンデーコミックス)

作家
ONE
出版社
小学館
発売日
2014-05-16
ISBN
9784091246820
amazonで購入する Kindle版を購入する

モブサイコ100 (6) (裏少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こも 零細企業営業

霊幻が超カッコいいwww対超能力ドロップキック(タダのドロップキック)、催眠術パンチ(いきなり殴る)wwモブを教育しながらも力を分けて貰って無双するとか素晴らしいw他力なのにドヤ顔www

2019/12/30

GELC

この巻はホント傑作。師匠のセリフ・行動から、大逆転の展開まで、初見の衝撃は凄かったし、何度読んでも面白いね。この作者も、凡人の斜め上を行ってるわ。

2015/03/29

ako

霊幻が大活躍というびっくりする展開で思わず笑ってしまった。モブの心に芽生えた殺意を霊幻の一言が消し、ラクにしてあげた時は霊幻ってすごい人だなと思った。さすが師匠。モブの霊幻への感謝が物凄いことになってあれやこれやで無事敵を壊滅。エクボの出番は遅すぎたね。緊張感があるようでなくて面白かった。

2016/09/02

poco

師匠がかっこ良すぎるの巻。モブとの指定愛が素敵すぎる!!

2016/11/22

ぷほは

ルールを知らない奴と守れない奴は区別できる。前者は子供と言われ、後者は犯罪者と呼ばれる。こいつらを説教できるのはルールを守る奴と作る奴だが、この4類型の中のどれにも当てはまらない人間もいる。それはルールを熟知し、その抜け道を歩き、さらにはルールそのものを変えてしまえる人間で、こいつらは各々の時代の中でカリスマとかトリックスターと呼ばれ、キリストから両津勘吉まで幅広いバリエーションがある。だが、現実には結構そのへんにいる詐欺師とかだったりする。霊幻新隆がモブにとって「師匠」なのも、そういうことなのだろう。

2016/07/14

感想・レビューをもっと見る