読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

名探偵コナン (11) (少年サンデーコミックス)

名探偵コナン (11) (少年サンデーコミックス)

名探偵コナン (11) (少年サンデーコミックス)

作家
青山剛昌
出版社
小学館
発売日
1996-07-18
ISBN
9784091250414
amazonで購入する Kindle版を購入する

名探偵コナン (11) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

再読。将棋で遊ぶコナン。迷路なテレビ局?(; ̄Д ̄)?最近再放送された妃とコナンが解決?滝の流れと算数?(; ̄Д ̄)?

2018/07/05

かずー

蘭の母親登場。

2021/05/26

しゅわ

今年こそコナンくんを全部読メ登録するぞ!と本棚の奥から引っ張り出してきて一気読み祭りを敢行中。雪の別荘事件はアッサリ解決だけど、名前の偶然よりもラストオチのコナンくんの技がスゴ過ぎて…唖然。生放送中の事件は犯人が怪すぎ(苦笑) それにしても、犯行現場で再現実験するのはいいけど、現場荒らしていいの?と心配になります。妃英理さん初登場!の事件は、いくらなんでも幼馴染のお母さんの顔を忘れるなんて設定に無理がありすぎでツッコミが止まりません。思いのほか大仕掛けの霧天狗は舞台設定あってのトリックですね。

2016/01/11

ガーガー

生放送中の殺人事件と霧天狗伝説の残る寺でおきた殺人事件。霧天狗殺人事件はトリックにビックリ!自然の力を活用したのね。

2016/07/22

コウメ

蘭のお母さん登場。テレビ局とお寺の事件はアニメで昔見たのをよく覚えている。

2020/11/23

感想・レビューをもっと見る