読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うしおととら (33) (少年サンデーコミックス)

うしおととら (33) (少年サンデーコミックス)

うしおととら (33) (少年サンデーコミックス)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
1996-12-10
ISBN
9784091251237
amazonで購入する Kindle版を購入する

うしおととら (33) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

流之助

すべての伏線が回収され、カタルシス。名言、名シーンのオンパレードだ。ラストの雲外鏡のおんじの語りがアニメでしっかり描かれているのには感動した。最強の悪態の章のうしおととらの姿に血沸き肉踊らない読者がいるだろうか。いや、いない。戦いが終わり、誰もいなくなった蔵を振り返ったうしお。涙を流さず、麻子と真由子のほうへ向けられた顔には力強い笑み。そしてもちろん、白面の者という最高のヒールがいたからこそ輝いた物語だったということも忘れずに付け加えておく。とても楽しく全巻読み終えることができた。ハラァ・・・いっぱいだ。

2018/02/13

タク

今読むと、うしおは確かに本質的には成長してない事がよくわかる。でもそれは悪い意味ではなくて、過酷で悲惨な運命の連続に一時的に迷う事や泣き言を漏らす事もあったけど、それでも彼は純粋に真っ直ぐで心優しい少年として最後まで走りきったという事(むしろ成長するのはとらの方)。連載当時は「とある少年の成長物語」として読んでたけど、実は「とある少年の在り方」を描ききった作品なのだと実感させられました。名作です。

2010/11/07

園宮

目からこぼれそうな涙を我慢したら鼻から涙が出ちゃったよ。そういうシーンが次から次へとやってくる。全員集合。うしとらが旅して出会った一つ一つの思いがすべてここに繋がる。なんかもう、言葉が出ないよ。とらちゃん、みんな。。

2015/08/01

へな

強大な敵キャラとして白面は最高でした。 圧倒されっぱなしでした。 そして最終戦では今まで登場してきた人や妖みんなが力を合わせて戦う。 良いなぁ。王道中の王道って感じですごく良かったです。 これにて読了。

2014/03/02

Sayaka Sasaki

もうボロ泣き。うしおととらを読んだのは、中学生・大学生・プー太郎・オバちゃん時代と4回目だけど今回が1番泣いたんじゃないかな。今まで出てきた妖怪やエピソードが全部最後に出てくるので飄さんの仇討ちのあたりから泣きっぱなし。中でも真由子がとらの髪を何度も梳かすシーンは分かってるのに涙で読めなくなる。ええ話でした。

2016/09/11

感想・レビューをもっと見る