読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うしおととら (第5巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

うしおととら (第5巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

うしおととら (第5巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
0000-00-00
ISBN
9784091258656
amazonで購入する

うしおととら (第5巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふじ

ヤクザの最後が切ない。ついに槍を狙う四人が次々にあらわれるように。

2016/09/14

アヤ姉

旅は過酷さを増していく。強敵 霧の妖怪シュムナを倒した潮の前に、獣の槍伝承候補者 関守日輪、秋葉流、杜綱悟が立つ。「オレだって好きで、この槍持ってるわけじゃねえやっ!」妖や人の死を経験し自分の未熟さを指摘され、年相応の本音を初めて漏らす潮。彼の強さばかりに惹かれていたけれど、そりゃそうだと納得。それでも立ち止まらず進む潮を心から応援したい。

2015/02/27

白義

なにげに最強クラスの難敵なのがこの巻に出てくるシュムナ。攻撃が通らず、弱点の炎でも殺せないおまけに触れたらダメージと厄介極まりない。これを倒すためのうしおの策とやくざのおっちゃんの人情話がまた染みるが、その後に来る槍の伝承者日輪との戦いがまた衝撃で、うしおの未熟さを指摘し、もっと上手くやれば死者を減らせたはずだと極めて深刻な批判。そこからいかに立ち直り自分の信念を貫くかがドラマなのだが、こんなところで主人公をここまで否定させるとはという新鮮さを感じた

2013/04/19

ヤグザ屋さん切ない。日輪と流が出て来た。麻子と真由子、逃げない姿勢がかっこいい。

2011/06/23

ひぐらし

再読。シュムナってやりにくそうな敵だなあ、と読み返すたびに思います。よく勝てたな、潮…

2012/03/04

感想・レビューをもっと見る