読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うしおととら (第14巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

うしおととら (第14巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

うしおととら (第14巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
2002-09-14
ISBN
9784091258748
amazonで購入する

うしおととら (第14巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

白義

真由子の伏線、というか予告は一貫してあったが、ついにここで回収。白面の者の最悪の心理サイドアタックが炸裂し、絶望展開が襲いかかるなか、ヒョウの言う通りいつもと変わらぬとらとうしおの掛け合いが泣ける。字伏たちも登場し、これまでの伏線と謎が回収されていく決戦前夜感がヤバい

2013/04/30

おさと

とらちゃんがいっぱい。そういう謎だったのかー。

2012/01/24

自分の大切な人達から自分の記憶が消えたら相当辛いよなぁ。真由子が日崎だなんて、ただ似てるだけじゃなかったのね。実はうちに15巻がないのでとばします。

2011/07/06

yk

記憶が消えることは存在が消えること。つらい。今は大変だけどがんばれ。

2012/03/31

佳蘋(よし)

名作

感想・レビューをもっと見る