読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

からくりサーカス (40) (少年サンデーコミックス)

からくりサーカス (40) (少年サンデーコミックス)

からくりサーカス (40) (少年サンデーコミックス)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
2005-12-15
ISBN
9784091270801
amazonで購入する Kindle版を購入する

からくりサーカス (40) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

流之助

エレオノール救出作戦完遂!フェイスレスはまた独りぼっち。滑稽である。ロマンティックだと本人は思っていたおぞましい計画も阻止される。濃い生命の水がダウンロードを阻止するとか、平馬への頭突きとか、伏線もしっかり回収。そして、コロンビーヌ退場。表紙の絵がなんだか切ない。とてつもなく大きな罪業を抱え、180年動いた末に見た光景はきれいだったのかもしれない。平馬と涼子は戦力にはならなかったものの、アルレッキーノや鳴海をこちら側の味方として動かすために必要だった「守られる者」要員か。ミンシアのやつれっぷりが心配。

2018/03/01

むきめい(規制)

コロンビーヌかわいいぞー! そして勝かっこいい。

2017/03/12

貴人

「20世紀少年」や「エヴァ」みたいに風呂敷の大きさを競うような作品ならロマンティックな謎もよいが、藤田さんはやはり正統派少年漫画の人だから、あへて謎だらけの展開にすることなかったんやないかなぁ~。「うしおととら」みたいに一本の大きな道を行くような作品のが向いとる気がする。絵の進歩は実に楽しいが。今巻は、勝るの入れ替えと、コロンビーヌの死。入れ替え話は、ご都合主義やなぁ~と思いつつええ展開。コロンビーヌは、こんな良いラストが用意されるとは。最古の4人がこんな救われる展開がこようとは。

2014/12/06

佳蘋(よし)

表紙はなんという死亡フラグ。最古メンバーが愛しいです。

2013/08/23

ゆう

もうこの辺から涙流しつつ読みました。

2015/10/12

感想・レビューをもっと見る