読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

探偵ゼノと7つの殺人密室 (2) (少年サンデーコミックス)

探偵ゼノと7つの殺人密室 (2) (少年サンデーコミックス)

探偵ゼノと7つの殺人密室 (2) (少年サンデーコミックス)

作家
七月鏡一
杉山鉄兵
出版社
小学館
発売日
2018-07-18
ISBN
9784091283351
amazonで購入する Kindle版を購入する

探偵ゼノと7つの殺人密室 (2) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

敵陣で孤立した民間軍事会社の小隊を壊滅に追いやった裏切り者は誰だったのかを問う前後編「水曜日の依頼人」、楽器を模した学舎が立ち並ぶ音大での不可能殺人「ミューズは死を歌う」、鬼首刑事の経験と観察眼が的中する「ホットドッグと銃弾」、ゼノの記憶に触れる「夢の景色」、そして新たな殺人密室を求めての寝台列車内での「溺死」を推理する「死を呼ぶ鉄路」の導入まで。大きな物語としての殺人密室と、これを単発や前後編などのショートエピソードを挟み連結する形で、個別のバラエティの豊富さが嬉しくなる作り(以下コメ欄に余談)。

2018/07/26

junf

密室ばかりを追い求める話かと思ったら「水曜日の依頼人」、「ホットドッグと銃弾」という、密室以外の話を挟むことにより制約に縛られないバラエティに富んだミステリが楽しめる。

2019/09/24

祐樹一依

【○+】相変わらずの大型物理トリックが炸裂しています(これは作品の特徴上はネタバレではないはず)

2019/08/18

もここ

やっぱりトリックの規模がでかいのも面白い。警察の地味というか地道な捜査もすごい。エイラがあの若さで殺し屋とか、ちょっと漫画的過ぎると思ったけど色々ありそう。1巻で仲良くなったエイラとウミちゃんの二人の雰囲気がいい。

2019/06/30

えもぐ

本筋の密室話も面白いけど、1~2話完結の短編も面白かった。エイラちゃんが人間味あって好きなのですが、そういえば殺し屋だし彼女の過去も何かありそう…。

2019/03/19

感想・レビューをもっと見る