読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

なくてもよくて絶え間なくひかる (裏少年サンデーコミックス)

なくてもよくて絶え間なくひかる (裏少年サンデーコミックス)

なくてもよくて絶え間なくひかる (裏少年サンデーコミックス)

作家
宮崎夏次系
出版社
小学館
発売日
2018-08-17
ISBN
9784091284655
amazonで購入する Kindle版を購入する

なくてもよくて絶え間なくひかる (裏少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Bo-he-mian

夏次さんのファンを公言して幾星霜。安易な言葉で説明したくない、と感じる作品についに出会ってしまった。「ゴールデンユキコ」というイマジナリー彼女を心に生きてきた主人公が、ある日「五卯留伝有木子」という現実の少女と出逢い・・・と書いた時に人がイメージするものとは、たぶん相当かけ離れた作品(笑)。シュールな世界に変なキャラ。しかしそこに描かれた心の純度と透明感は独走状態。夏次さんの最高傑作かもしれない。しかし税別900円は高いッスよ小学館さん。いよいよ'90年代の頃の岡崎京子みたいな立ち位置になって来た感が…。

2018/08/25

ふりや

主人公の高校生・並木登は想像上の理想の女性・ゴールデンユキコの事を想い現実逃避しているが、ある日同じ学校で自分の想像と同じ女性・五卯留伝有木子(ゴールデンユキコ)に出会う。二人の出会いから始まるシュールで切ない青春ボーイ・ミーツ・ガールストーリー。同級生の町山や竹智、登やユキコの家族など、脇には強烈な個性のキャラクターだらけ。果たして、ユキコは実在する人物なのか?登の想いは伝わるのか?宮崎夏次系さんの長編は初めてでしたが、とても素晴らしい作品で、読み終わった後にタイトルを見返して余韻に浸りました。

2020/07/31

毒餃子

夏次系先生は現実感があまりない作品が多いが、今作品はイマージナリーフレンズなのか現実の友人なのか最後まではっきりとしないまま話が進行していってなかなか怖かった。主人公の主観だけが現実的だったのだが、それがとてもリアルに描写されていて読者にリアリティを与えている怪作。

2018/08/29

kanon

ゴールデンユキコというひとりの女性が、とても強くて魅力的な話だった。そこに居るだけで、一言二言発するだけで、何かを人に与えてしまう、そんなとても影響力のある存在。

2020/05/20

本当にこういうぼろぼろのリリシズムに弱い……

2020/04/09

感想・レビューをもっと見る