読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マチネとソワレ (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

マチネとソワレ (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

マチネとソワレ (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

作家
大須賀めぐみ
出版社
小学館
発売日
2018-08-09
ISBN
9784091284693
amazonで購入する Kindle版を購入する

マチネとソワレ (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

うさぎや

幼女が幼女ではなかった……のはともかく、世良さんホントいいひとだなあ……。

2018/08/11

わち ⊱^>ω<^⊰ฅ

積本からチョイス。 なんかサブタイトルが面白いw 相変わらずぶっ飛び過ぎてもう突っ込み所が分からん…。 もとの世界とどう繋がるかを気にしつつ、誠の芝居に惹かれる様を楽しみます。

2019/12/24

さとみん

兄を意識した時点で負けだと思ったが、それをあっさり裏付けられるとまだまだ捻った展開が待っている気がする。舞台は観客の反応がダイレクトに役者に伝わるのが面白くて恐いところ。しかも小劇場だと舞台と客席が本当に近いからなあ。あの芝居どう幕を下ろす!?

2018/08/13

コリエル

誠を押し上げると覚悟を決めた世良。本当のコンビになった二人が掴んだ最初の舞台が、当初の8人から力業で2人きりに減ってしまった人員での芝居。その上、更にトラブルの山盛りで読んでいるこちら側を惹きつけてやまない展開は流石の一言。この土壇場での舞台がどういう結末になるのか気になって仕方ないヒキ。

2018/08/17

ダンボー1号

ここまで演劇を深く(かどうかはよくわかっていないが)描けるなら当初のパラレルワールド的設定じゃなく 一人の才能ある舞台役者でもよかったのではと思う。 一般人には馴染みないマイナーな舞台のままゴールに向かうのか?外国の大物映画監督が突然現れ的な展開を見たい様な見たくないような・・・

2019/02/09

感想・レビューをもっと見る