読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こぐまのケーキ屋さん そのに (ゲッサン少年サンデーコミックス)

こぐまのケーキ屋さん そのに (ゲッサン少年サンデーコミックス)

こぐまのケーキ屋さん そのに (ゲッサン少年サンデーコミックス)

作家
カメントツ
出版社
小学館
発売日
2018-08-24
ISBN
9784091284792
amazonで購入する Kindle版を購入する

「こぐまのケーキ屋さん そのに (ゲッサン少年サンデーコミックス)」のおすすめレビュー

こぐまと青年のホッコリ交遊『こぐまのケーキ屋さん』で、冬の夜長を乗り越える?

 仕事や育児、目まぐるしく変化する毎日。ふとした瞬間に「疲れた……」とつぶやいてしまうこともありますよね。疲れを癒やす方法は人それぞれですが、なかには優しさがあふれる本を読んで心をリフレッシュする、という人もいるのでは? 本特集では、疲れたあなたを包み込む「世界観が優しすぎるマンガ」をご紹介!

『こぐまのケーキ屋さん そのさん』(カメントツ/小学館)

 2017年、漫画家のカメントツさんがTwitterに投稿したある4コマ漫画が話題になりました。「ぎんのおかね」と題されたその作品は、こぐまのケーキ屋さんにケーキを買いに来た青年と、こぐまの店長の出会いが描かれています。

疲れた友人に「こぐまのケーキ屋さん」の漫画を描いてあげたら思いのほかウケたのでお納めください。 pic.twitter.com/4x4SzVoYiJ— カメントツ@こぐま3巻発売中 (@Computerozi) 2017年11月9日

 ケーキ作り以外のことを知らないこぐまの店長は、青年が支払った200円によって、初めて「ぎんのおかね」を目にしました。100円玉に目を輝かせて…

2019/1/27

全文を読む

疲れたら『こぐまのケーキ屋さん』に癒されよう!

『こぐまのケーキ屋さん』(カメントツ/小学館)

 漫画家・webライターのカメントツは、疲れた友人のために書いたという漫画『こぐまのケーキ屋さん』を2017年秋にTwitterで発表。それが100万以上RTされ話題となり、2018年春に書籍化された。

青年「すみませんショートケーキとチョコケーキをください。」 くまが「はいっ!」とひょっこりショーケースの上に顔を出し、「にじゅうえんですか?」と逆に質問する。青年に「安すぎるよ!」とツッコミを入れられ、くまは「じゃあ…さんじゅうえんですか?」とさらに質問をする。 青年が「ひとつ300円くらいで売っていいと思うよ」とお金を出すと、くまは「ぎんのおかねこんなにくれるんですか?」と無邪気に口をあけて笑顔をみせる。 青年は、次は、500円玉を見せてあげようと思った。

 このような話で始まる『くまのケーキ屋さん』第1巻は20万部を突破。「こぐまの店長がかわいくて愛おしくて、ぎゅーっと抱きしめてあげたくなる本」「なんでこんなに癒されるんだろう」「ただただ店長が可愛い、この可愛さはどこから来るのか」などなど大人から…

2018/10/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

こぐまのケーキ屋さん そのに (ゲッサン少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chimako

店長可愛い!可愛い過ぎ!大魔王になって人間を絶望させるやり方がイケてます。シャンプーとリンスの中身をすりかえたり、靴下を違うもの同士でまとめたり、洗濯するズボンのポケットにティッシュを入れたり。確かに絶望するわ~特にティッシュ。大魔王になっても可愛い店長さんでした。そして、最後にちょっと泣かされちゃうっていうおまけ付き。違うのは楽しいっていう店長は本当に優しいね。

2021/05/28

あん

Twitterで時々読んでいるけれど、手元に置いておきたくて購入しました。「学校編」「水族館編」など、『そのに』になっても、店長と店員さんの可愛いやりとりは最高です♪ 店長さんのような無垢な心を忘れてたなぁと気付かされると同時に、ホッコリさせてくれる癒し本です。オススメします(^^)

2018/08/27

ちいこ

可愛い…小学生と一緒に過ごしたり、サメを怖がったり、こぐま店長と店員さんの優しいやりとりに癒されます。

2018/08/25

直人

んー,相変わらずいい味出している店長とてんいんさん。 今回は店長も新しいサイドジョブに就くことにもなるし,ますます大活躍。 「にじゅうえんですか?」が前巻の(私への)決め台詞だったが,今回は「たると・たたん」。 あとは──。 「くまは,くまで,てんいんさんは,ひとですが……いっしょにいてしあわせですよー!!」

2018/09/01

眠る山猫屋

最後、夕暮れの海に向かうふたりが素敵。

2019/03/21

感想・レビューをもっと見る