読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アラタカンガタリ~革神語~ リマスター版 (10) (少年サンデーコミックススペシャル)

アラタカンガタリ~革神語~ リマスター版 (10) (少年サンデーコミックススペシャル)

アラタカンガタリ~革神語~ リマスター版 (10) (少年サンデーコミックススペシャル)

作家
渡瀬悠宇
出版社
小学館
発売日
2018-11-16
ISBN
9784091287175
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

キクツネとの対決!鬼の力が牙を剥く…!!

キクツネの持つ劍神の力により、全ての音を奪われてしまう。
非情な攻撃が、革一向の悲鳴を奏でる…
そして、革を追う門脇が戦う事への決意を問いかける。

2つの世界に翻弄される人々の運命がぶつかり合う…!

SSC『アラタカンガタリ~革神語~』に大幅加筆修正、再構成した「リマスター版」。カバーは新規描き下ろし!描き下ろしカラーも収録!

アラタカンガタリ~革神語~ リマスター版 (10) (少年サンデーコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

キクツネVS革。キクツネの持つ劍神の力により、全ての音を奪われてしまう。非情な攻撃が、革一向の悲鳴を奏でる…。革は、美術は2でも、音楽と家庭科は4の腕前。オババの代わりに縫いますからって、せっせと裁縫をしている革の姿が可愛いかった。現代の服を着たカンナギのドラマー姿がめっちゃかっこよかった。今回は、シリアス展開よりも笑いが多かった。キクツネはイタリアのポンペイ出身かな?キクツネを無理やり降した門脇。もう少しで、キクツネの聴覚が正常に戻るはずだったのに…。

2018/12/01

rin

kobo

2018/12/05

感想・レビューをもっと見る