読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

からかい上手の(元)高木さん (5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

からかい上手の(元)高木さん (5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

からかい上手の(元)高木さん (5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

作家
稲葉光史
山本崇一朗
出版社
小学館
発売日
2019-03-12
ISBN
9784091290854
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

大ヒット漫画発の大人気スピンオフ!

シリーズ累計600万部超!(電子版を含む)

『からかい上手の高木さん』の大人気スピンオフの第5巻が、2か月連続刊行で登場!

西片と(元)高木さん、そして2人の愛娘・ちーが送る笑顔とからかいに溢れる日々を今巻もお届けします!

父・西片、久々にクリティカル発動(?)な「声」。

前巻の「お弁当」で職場である中学が危険な場所であると認識した西片が、再びのお弁当をわすれもの。
だけど今回は勝算があるみたいで…?
という顛末を描く「わすれもの」。

ちーに引き継がれた西片のピーマン嫌い。
実は大人になっても相変わらずで…?
という食卓模様を描く「ピーマン」など、今巻も珠玉の13話を収録!

「からかい上手の(元)高木さん (5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)」の関連記事

『からかい上手の高木さん』山本崇一朗がマガジンに! 新連載『それでも歩は寄せてくる』が話題に

『週刊少年マガジン』14号(講談社)

 2019年3月6日(水)発売の『週刊少年マガジン』14号から、新連載『それでも歩は寄せてくる』が連載開始。将棋部を舞台とした新型ラブコメとなっており、「これはニヤニヤしちゃう」「歩くんかわいいぞ…!」と話題になっている。

 作者の山本崇一朗は、『からかい上手の高木さん』で知られる漫画家。同作は思わせぶりな女子・高木さんにからかわれる日常を描いた作品だ。新作となる『それでも歩は寄せてくる』は、『マガジン』創刊60周年記念としてスタート。連載第1回目からセンターカラー&一挙2話掲載となっている。

 将棋部の部員は、2年生の八乙女うるしと1年生の田中歩の2人きり。対局中、歩はうるしに「かわいい」と言いはじめ、うるしを動揺させる。うるしは「お前私のこと好きだよな」と強気に出るが、歩ははぐらかして認めない。本心を隠す歩とどうしても聞き出したいうるしは、盤の外側で心理戦を仕掛けあう―。

 照れを隠して大胆な行動に出るうるしに対し、ポーカーフェイスで巧みにかわし続ける歩。2人の絶妙な距離感には、「このつかず離れず感めっちゃ好き…

2019/3/11

全文を読む

関連記事をもっと見る

からかい上手の(元)高木さん (5) (ゲッサン少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

何というかちーと勝負をするお父さん、その二人よりも一枚上手のお母さん(元高木さん)みたいな構図になってるけど、ちーは外見まんまお母さんなのに中身はお父さん似で笑ってしまいますね。ちーにも似たような子がやっぱりできるのかな?

2019/03/13

イーダ

相変わらずのかわいらしさ。ちーちゃんもかわいいけど、ポーカーフェイスしつつも嬉しそうな(元)高木さんもかわいい。もうかわいいしかない。

2019/03/13

FMY

この巻でも学校にお弁当を届ける話があった。今回は西片が仕掛ける番。(元)高木さんを学生時代の気分にさせようとするが、学生時代の気分になったのは西片の方だった。(元)高木さんの方も学生時代の気分になっているんだろうな。最後のおまけではチーが成長して気になる人と対決を繰り広げていることが窺えた。高木さん可愛いなあ。西片に可愛いと言われて隠れて照れているところとか。

2019/03/12

ako

夫婦仲が良い。西片は今でも元高木さんにドギマギしてるところに愛情を感じるな。

2019/03/14

shinshin2638

安定した家族のほのぼのマンガ。

2019/03/13

感想・レビューをもっと見る