読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヒメコウカン~オタサーの姫がカレシ交換をご所望な件~ (1) (夜サンデーSSC)

ヒメコウカン~オタサーの姫がカレシ交換をご所望な件~ (1) (夜サンデーSSC)

ヒメコウカン~オタサーの姫がカレシ交換をご所望な件~ (1) (夜サンデーSSC)

作家
大井昌和
出版社
小学館
発売日
2019-06-12
ISBN
9784091292803
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ヒメコウカン~オタサーの姫がカレシ交換をご所望な件~ (1) (夜サンデーSSC)」のおすすめレビュー

「カレシ、交換してみる?」交わることのない陽キャ&陰キャ同士のカップルに起こる興奮必至の恋物語

『ヒメコウカン~オタサーの姫がカレシ交換をご所望な件~』(大井昌和/小学館)

 突然だが、想像してほしい。親友から「自分の恋人とあなたの恋人を交換してほしい」と言われたとしたら、あなたは興奮するだろうか。もし1mmでも興奮したのであれば、ぜひこのマンガを読んでほしい。『ヒメコウカン~オタサーの姫がカレシ交換をご所望な件~』(大井昌和/小学館)だ。

 本作の主人公となるのは大野須佐(おおの・すさ)、此花咲也(このはな・さくや)、蛭子巫女(えびす・みこ)、亜麻根初音(あまね・はつね)の4人。彼らはW大学にあるオタサーに所属している。咲也と巫女はオタサー内でも中心的存在の陽キャオタカップルで、須佐と初音は陰キャのオタカップル。一見交わることがなさそうだが、ひょんな出来事が4人をインモラルな世界へと誘う。

 五月祭終了後の夜、巫女は須佐を強引に部室へと連れ込み、冬コミの準備期に、部室での須佐と初音の営みを見たこと、その時の“須佐ジュニア”の大きさに興奮したことを突然告げる。興奮を抑えきれず服を脱ぐ巫女。須佐にとってもオタサーの中心女性とヤれるこの上ないチャン…

2019/7/11

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ヒメコウカン~オタサーの姫がカレシ交換をご所望な件~ (1) (夜サンデーSSC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しまふくろう

表紙が可愛くて購入。絵は個性的でセクシーな感じだった。 物語は大学の有名カップルの女性が大人しいカップルの男性に興味を持つ話。ミコは他人の物を欲しがる性癖なのかと思ったら、ちょっと予想外の方向で吹き出した。それなのか。サクもちょっと妙なキャラクターなせいか、変にサバサバしたような背徳的ともちょっと違う雰囲気なのが面白い。

2019/10/14

ℳℯ

★★★☆☆ 思っていたのとかなり違う内容&絵柄でびっくり…オタサーの話なのだがエロ要素満載で、親友同士でお互いの合意の上姫(彼女)を交換するという少しイカれた内容。まあ主人公はそれに同意してないんだけど…それにしても主人公の彼女がデブ設定(というか胸とお尻がデカすぎる)なのは頂けないなあ…というかこれもう割り切って18禁にしちゃった方が良かったんじゃ。まあ次巻も用意してあるので一応それも読む。

2021/07/03

刃槍矢舞

同じオタクサークルの陰キャカップルと陽キャカップルのそれぞれの姫(彼女)を交換しようという話。 独特の気持ち悪さがありました。オタサーってやっぱりこんな感じなのかなあ。 たぶんストーリーよりも背徳感を楽しむマンガ。 エロい作品は好きですが、内容が内容だけに18禁エロマンガとして描けば良いのにとは思いました。 2巻からいろいろとインモラルな展開が始まる感じ? びっくりしたのは、あらすじに恋物語とあるので、恋愛ものなんですね。どう話が進んでいくのか次も楽しみです。 しかしオタサーの姫って蔑称だと思ってた。

2019/07/08

影法師

大きすぎるのは好みじゃないなぁ

2020/05/03

高城剣

いろいろ気持ちわりーw

2019/06/14

感想・レビューをもっと見る