読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

MAO (2) (少年サンデーコミックス)

MAO (2) (少年サンデーコミックス)

MAO (2) (少年サンデーコミックス)

作家
高橋留美子
出版社
小学館
発売日
2019-11-18
ISBN
9784091294463
amazonで購入する Kindle版を購入する

MAO (2) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

関東大震災が近づくなか、事態は少しづつ動き始める。新興宗教の闇を暴く摩緒の冷徹さが、今までの高橋作品主人公らしくなくて良い。自身の追う猫鬼以外にあまり関心が無いという事なのだろうか。そして菜花の記憶の火事は大震災だったのか。とうとう猫鬼の後ろ姿を捉えた摩緒たち。摩緒と菜花の掛け合いは、実に高橋留美子さんらしくて懐かしくてホッコリした。

2020/01/11

はな

1巻に続き、やっぱり面白い(*^^*)留美子先生はほんとに魅せるイケメンを描くのが上手だと思う…。和装、刀といい、相変わらず犬夜叉を想起させるけどこちらのイケメンは、何事も対応がクール。傘を持って菜花の後ろに現れたときの佇まい&表情は…心臓やられた(語彙力、笑)主役のピンチにさっそうと駆けつけて妖怪(?)を蹴り飛ばす←戦うヒロイン菜花もすごく素敵。後半の怒涛の展開を見る限り、まだ今後どういう動きをしていくのか(物語の方針)はわからないけれど、長編になったら嬉しいな〜。もっとこの二人が見たい(^^)

2019/11/20

どあら

妹から借りて読了。白羽くん、使える人だー(^^) おじいちゃんとお手伝いさんがとっても気になる❢

2020/02/24

ぐうぐう

高橋留美子の連載作品なのだから、当然長期連載になるという思い込みをうまく利用した、アップテンポの展開に「さすが!」と唸らされる第2巻。早くも伏線の回収が始まるのだ。これには驚いた。もちろん、この先にはいくつもの奥の手が潜んでいるはずで、ゆえの早期の伏線回収なのだと理解すると、さらに「さすが!」と唸ってしまう。関東大震災のくだりも、手垢の付いた設定であるのに、当然のようにグイグイと読まされる。もう、高橋留美子の掌で踊らされてる感が楽しくってしょうがない。

2019/11/22

レリナ

摩緒と菜花が猫鬼を巡る戦いへと巻き込まれていく。教団は猫鬼に関係はなかったが、後半の話から空気は変わる。今までにない危機感からくる重苦しい空気感。菜花の家の秘密が明らかになろうとしている。猫鬼は一体何をしようとしているのだろうか。摩緒の体に秘められた謎。話が一気に進んだので、次巻の話の展開でどう謎が明らかになるのか、楽しみ。この不気味な空気感嫌いじゃないよ。まだまだ謎多き作品だけど、高橋先生らしいいい作品に仕上がっているので、満足。摩緒と菜花の秘密とは。次巻に期待。

2019/11/21

感想・レビューをもっと見る