読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

芦原妃名子傑作集 1 記憶 (フラワーコミックススペシャル)

芦原妃名子傑作集 1 記憶 (フラワーコミックススペシャル)

芦原妃名子傑作集 1 記憶 (フラワーコミックススペシャル)

作家
芦原妃名子
出版社
小学館
発売日
2014-09-25
ISBN
9784091364548
amazonで購入する Kindle版を購入する

芦原妃名子傑作集 1 記憶 (フラワーコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ソラ

面白かった。やっぱ甘いだけじゃなくてこういうぴりっと辛いのが入ってるのが良いなぁと思う。特に良かったなと思ったのは「月と湖」かな。

2014/10/04

ソラ

【再読】面白かった。やっぱ甘いだけじゃなくてこういうぴりっと辛いのが入ってるのが良いなぁと思う。特に良かったなと思ったのは「月と湖」かな。

2015/06/27

十六夜(いざよい)

芦原妃名子さんの作品集。好きな作家さんなので八割方読んだものでしたが、改めて読んでも矢張り「月と湖」と「蝶々雲」は秀逸。誰も悪くないのに狂ってしまった歯車を軌道修正していく話を描かせたら右に出るものはいないかもしれない。ずっと持ってたい一冊。

2015/07/11

みきかなた@灯れ松明の火

今月漫画買い過ぎだから自重しようと思ったんだけどつい手が出てしまった!芦原さんの恋愛物はこう治りかけの痒いかさぶたみたいなんだ…『月と湖』の自分の失恋と向き合って恋人の背中を新しい彼女の方に押す女の子とか、『カッコウの娘』の既婚者を愛する高校生とか…なんかこうすっきりしないのにどっぷりと読み込んでしまうんだよね

2014/10/11

johnta_rou

デビュー20周年記念本。芦原先生の本は全部持ってるつもりでいたら、知らない本を同僚様が貸してくれてビックリ。20周年おめでとうございます!\(^O^)/コレクション1-3、蝶々雲、月と湖は持ってて、『乞う女(ひと)』は初見なのかな(どこかで読んだ気も…)?作品コメントが読めて嬉しかった。中学シリーズは高校進学出来ずwシリーズ未完だったとは!"あなたも、きっともうファンなはず"キャッチコピーが何か好き。

2014/11/16

感想・レビューをもっと見る