読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日南子さんの理由アリな日々 (5) (フラワーコミックスアルファ)

日南子さんの理由アリな日々 (5) (フラワーコミックスアルファ)

日南子さんの理由アリな日々 (5) (フラワーコミックスアルファ)

作家
水沢めぐみ
出版社
小学館
発売日
2018-06-08
ISBN
9784091396778
amazonで購入する Kindle版を購入する

日南子さんの理由アリな日々 (5) (フラワーコミックスアルファ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ako

少しまともになってきたかと思わせるところからして普通じゃない証拠…「客観じゃなくて主観だよ」って36なのに言われなきゃわかんないのか? 直は今まで大事な人とは別れてしまうことが多かったのかな。自分の絵のファンで、真っ直ぐ笑ってくれる日南子は直には合ってるのかもね…

2018/07/16

びぜんや

最序盤で提示された設定は結構ぶっ飛んでたはずだったのに、いつの間にかすっかり安定の水沢節ロマンスになってて、う~ん、このへんヴェテランの技ですねぇ。「『客観』より『主観』」という言葉はこの物語を動かすのに実に適切なキーワード。せっかく加奈子のエピソードがあるにもかかわらず、日南子さんのお母さん、おばあちゃんとしての描かれ方が薄味に感じられたのは、ちょっと残念でした。★★☆☆☆

2018/07/11

本巻もおじさんからみるとうひゃひゃあ~というやり取りが綴られている。どこに落ちていく話なのか、引き続きよく分からないけど、画が懐かしいので。

2018/11/27

れどれ

かっちゃん優良物件すぎ、いい人すぎで、将来的に女で失敗してしまいそう。むしろちょっと痛い目にあっておくべきでは。

2018/07/11

みるきー

加奈子がしっかりしていて、どんどん日南子が一人の女性として動いているのがちょっと違和感がある。日南子が文月先生に惹かれている根拠がいまいち薄くて、かっちゃんでいいのにと思ってしまう。あんなに冷たくあしらわれてもどうしても文月先生に惹かれてしまうことに共感できなくてモヤモヤします…。

2018/07/13

感想・レビューをもっと見る