読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)

作家
藤子・F・不二雄
出版社
小学館
発売日
1974-07-31
ISBN
9784091400017
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)」の関連記事

「のび太、救いようなくてワロタ」人の届け物を無許可で使いまくるのび太に視聴者呆れ気味?/アニメ「ドラえもん」

『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

 2020年5月30日(土)のアニメ「ドラえもん」では、2本目のエピソードとして「おばけ口目の怪事件」を放送。秘密道具を勝手に使いまくるのび太に対し、視聴者から「のび太が救いようなくてワロタ」と反響が上がっている。  事の発端は、スネ夫の部屋にあったマンガ本が何者かに汚されるという“怪事件”。マンガ本はベトベトに汚されており、犯人は窓の僅かな隙間から逃げ出したという。じつはジャイアンにも“ちょっと目を離した隙に団子がなくなる”という不可解な事件が起きたそうで、2人はまず真っ先にドラえもんを疑った。  しかしドラえもんには全く心当たりがない。それもそのはずで、今回の事件は全てのび太の仕業。ドラえもん宛に届いていた“出ちょう口目”という道具を勝手に使い、スネ夫の漫画を読んだりジャイアンの団子を盗み食いしたりしていたのだ。  出ちょう口目とは唇と目玉の形をした道具で、遠隔操作によって遠くにあるものを食べたり見たりできる。スネ夫のマンガ本がベトベトになっていたのも口でページを捲っていたため。  他にも出木杉…

2020/6/6

全文を読む

「もはやただのクレームwww」 みんなが書いたジャイアンへの手紙に視聴者大爆笑!?/アニメ「ドラえもん」

『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

 2020年5月23日(土)のアニメ「ドラえもん」では、2本目のエピソードとして「ジャイアンへのホットなレター」を放送。みんなが書いた手紙の内容に、「もはやただのクレームwww」「内容はヒドいけど嘘は言っていない(笑)」と爆笑の声が上がっている。

明日5月23日(土)ごご5時からの『ドラえもん』は、人気グッズが手に入る!?「キャラクターグッズを作っちゃえ!」と、ジャイアンファンクラブ!?「ジャイアンへのホットなレター」の2本を放送!!みんなで観てね♪ https://t.co/hiMYWjVeDB pic.twitter.com/Np9HP3uFzx— 【ドラえもん公式】ドラえもんチャンネル (@doraemonChannel) May 22, 2020

 ある日のび太とドラえもんは、ひょんなことからジャイアンへのファンレターを募集することに。スネ夫が自慢していた“アイドルのサイン入りパネル”を見て、ジャイアンが嫉妬したのが始まりだった。  一等に選ばれた人にはもれなく“ジャイアンパネル…

2020/5/29

全文を読む

関連記事をもっと見る

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

ドラえもんの番組とかいろんなネタ観て再読。まだどこでもドアとかもしもしフォンとかないんだなぁ。

2014/08/07

海猫

「未来の国からはるばると」第1話にして笑わせながら、設定を説明しきっているのが見事。後の漫画家志望で性格の良いジャイ子を知っていると、のび太の嫌がりようが酷い。「ドラえもんの大予言」どうあっても自動車事故になる状況が、面白い。「ご先祖さまがんばれ」有名な台詞「どっちも、自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ。」が出る。「かげがり」サスペンスフルで怖い。「プロポーズ作戦」私がタイムリープものの面白さを知ったのは、この話からだと思う。若い頃ののび太のママは可愛いね。流石に1巻は覚えている話が多い。

2020/11/08

mitei

ドラえもんの番組とかいろんなネタ観て再読。まだどこでもドアとかもしもしフォンとかないんだなぁ。

2010/08/27

17

(再読)『未来の国からはるばると』他収録。懐かしい。

2014/09/06

highig

( ^ω^)令和一冊目のレビューは何にするかと少し考えていたのだが、結局こいつにした。最早説明不要の国民的キャラクターの原作第一巻。誇張抜きで子供の頃100回以上は読み返している。かれこれ20年ぶりくらいに読んだのだが、その内容に少しも懐かしさ、郷愁を感じないのが些か不思議だ。人生、自己の人格に多大な影響を与えた本というものが各人あるだろう。ブーンならば田中芳樹の『銀英伝』であり、横山光輝の『三国志』であり、桂正和の『ウイングマン』等であったりするのだろうが、藤子不二雄、中でもこの『ドラえもん』は別格だ。

2019/05/22

感想・レビューをもっと見る