読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドラえもん (3) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん (3) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん (3) (てんとう虫コミックス)

作家
藤子・F・不二雄
出版社
小学館
発売日
1974-09-30
ISBN
9784091400031
amazonで購入する Kindle版を購入する

ドラえもん (3) (てんとう虫コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

ノビタランドいいなと思った。でも時間旅行をすると生き返らせたり、未来の漫画の結末を調べたりするから、未来でも時間旅行は出来ないのかなぁ。

2014/08/12

海猫

「あやうし!ライオン仮面」有名なオシシ仮面登場。グエーッ!「シャーロックホームズ・セット」どんくさい人が名探偵目指してもね。「スケジュールどけい」ドラえもんの大災難。「スーパーダン」どんくさい人がヒーロー目指してもね。「きせかえカメラ」もっとあとの作風だと、きっとしずちゃんが裸にされるな。「ああ、好き、好き、好き!」モテる道具があっても上手く使えない。「ゆめの町ノビタランド」ミニチュアの町に住めるって、素敵。「白ゆりのような女の子」お父さんの子供時代が戦争中って、今の子供が読むとどう受け止めるんだろうか?

2020/11/09

いおむ

遥か以前にここまで既読済み。

2021/11/03

さすらいのアリクイ

「シャーロックホームズセット」「ゆめの町、ノビタランド」「ミチビキエンゼル」など、ドラえもんの初期の話が載った本。最近この巻の話についての評論的な対談をネットで読んで興味を持ったので。今読み返すと作者、藤子F不二雄さんのマンガを描く技術がすごいんだと。そう感じたのは読んだ対談の中で出た指摘のおかげでもあるのですが。のび太が紛失した本を探す「シャーロックホームズセット」の話の中だと話の最初ではのび太は本を持ってますが、途中のコマからは持っていた本が無くなって(!)いたりとか。作者のネタの仕込み方がすごい。

2019/04/28

わたー

★★★★★着せ替えカメラの原理を、初めて見た時からゆうに20年以上の時が経過して知る。分子の配列を変えてデザイン通りの服を作り出すとか、どこが簡単なんだよと思いつつも、その発想力はやはりすごいなと。また、私が好きなガリバートンネル回が収録されていたのも印象的だった。原作だとこんなに短いのかと驚きもしたが、オチのつけ方が秀逸だと思う。

2018/10/13

感想・レビューをもっと見る