読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

21エモン (1) (てんとう虫コミックス)

21エモン (1) (てんとう虫コミックス)

21エモン (1) (てんとう虫コミックス)

作家
藤子・F・不二雄
出版社
小学館
発売日
2018-07-27
ISBN
9784091427540
amazonで購入する Kindle版を購入する

21エモン (1) (てんとう虫コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かっぱ

「ドラえもん」は知っていてもこちらはずっと未読でした。てっきりモンガーが21エモンだと思い込んでいました。21エモンは青年の方だったんですね。トウキョウの老舗ホテル「つづれ屋」(よくつぶれ屋と間違えられる)の21代目が21エモン(市右衛門、仁右衛門、参右衛門、与右衛門、吾右衛門・・と続き、父20エモンの子供)。ササヤマ星人のペットだった宇宙生物のモンガーが来た事で客寄せを図る。モンガーの能力はテレポート能力。空港からホテルロビーまで客をテレポートさせる作戦。1週間に1言しかしゃべれないモンガーがかわいい。

2018/08/04

hitsuji023

1巻から4巻を読んで。 漫画家のヤマザキマリがすすめていたので読んでみた。子供向けだけど未来のホテルのドタバタ劇として読める。いろいろな宇宙人の発想も豊富で面白い。だんだんとモンガーのテレポートに頼りすぎな回が増えてくるがそれはしょうがないか。最後の宇宙旅行の回はマンネリ気味になってくるので、最初の1、2巻が面白いと思う。これは蛇足だけど、最近買った小沢健二の新譜が宇宙とか仕事について歌ってて、テーマソングとしてぴったりだと勝手に思った。これも蛇足だが藤子不二雄の大人向けのSF短編も再読したいと思った。

2019/11/17

雲雀丘 正雀

21エモンは久々(見たのは小学生の時)に見る。モンガーの一言でテレポートするササヤマ星人が旅費がわりに置いて行ったペットモンガーを中心にイモホリロボットのゴンスケなどが繰り広げるSFマンガ?いやギャグに近いが、、、21世紀だから21エモンと言われそうだがホテルつづれ屋の主人が代々背負って来た名前で初代は市右衛門、2代目が仁右衛門と続き、21エモンの父は20エモンとの事。何処と無くドラえもんやキテレツ大百科に近い絵に安心感を持てる。

2018/08/30

感想・レビューをもっと見る