読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

タナトス 7―むしけらの拳 (ヤングサンデーコミックス)

タナトス 7―むしけらの拳 (ヤングサンデーコミックス)

タナトス 7―むしけらの拳 (ヤングサンデーコミックス)

作家
竹原慎二
落合裕介
出版社
小学館
発売日
2008-09-05
ISBN
9784091513847
amazonで購入する Kindle版を購入する

タナトス 7―むしけらの拳 (ヤングサンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はつばあば

もうすぐ終わるのを知らせるかのようにあの須堂が登場ししかも新人戦の相手とか。なのにスパーリングしてくれていた氷村も仕事が忙しくて来られない。リクが頼ったのは彼。そうです棚夫木さん。彼の夢を壊してしまったリクだが・・願いは叶うか。いやぁコミックですから叶うでしょう(#^^#)でも心配だから今8巻目を注文しました(^^;。

2020/08/09

十六夜(いざよい)

プロデビュー戦を勝利で飾ったリク。仲間に祝福され、温かさを知り表情も柔らかくなってきた。次は新人王に挑戦する事が決まったが、ボクサーになる前に知りあった須堂も挑戦する事を知り、棚夫木にコーチを依頼する。なんかボクシング漫画っぽくなってきた…と思ったら、次が最終巻なのね。

2015/01/08

感想・レビューをもっと見る