読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

貧民、聖櫃、大富豪 (4) (サンデーGXコミックス)

貧民、聖櫃、大富豪 (4) (サンデーGXコミックス)

貧民、聖櫃、大富豪 (4) (サンデーGXコミックス)

作家
高橋慶太郎
出版社
小学館
発売日
2019-01-18
ISBN
9784091575562
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

失われた4000万円。逆転の一手は――?

女子高生・聖夜は「箱」の御使いを称するアウレリア・デ・メディチと共に箱=聖櫃の再生を目指す戦いに参戦することになる。攻撃にも防御にも莫大な金が必要となる裏の世界で勝ち抜くための方法は、表の世界で金を作ること。
すべてのあるじと御使いが横浜に集結した今、マネーバトルが激化していく――!!

敵のあるじ・祢津の策略により、倒産する会社に投資してしまった聖夜は、4000万円もの大金を失ってしまった。打ちひしがれる彼女に対してなぜかアウレリアは強気な態度で――?アウレリアが繰り出す逆転の一手とは!?

貧民、聖櫃、大富豪 (4) (サンデーGXコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒロ

慣れたから大丈夫だったけどやっぱりクセ強いな!今回もおもしろかったぞ!人には勧めないけども!

2019/01/20

毎日が日曜日

★★★★ 信用金庫編スタート。

2019/01/20

おっぱいはイイッ!!

為替に強すぎ あと、女王さまが強すぎて共闘の流れになってしまう 聖櫃の目的もなんかぼんやりしてるし どういう結末になるんだろうか 今回は主人公の過去というか父親の話もちらっと

2019/01/21

HK

大仰な設定・バトルと「モノを売りお金を稼ぐ」ことの卑近な切実さのギャップを魅せる方向性を離れ、金融という物質的裏付けをもたない巨額マネーを扱う方向にシフトした感。身体性がより希薄になり、お金=HP、MPというゲーム性が強まった印象で、「ビジネス」は作品に異化効果を出す道具にとどまる予感もあるが、むしろお金の虚構性を取り上げていく可能性もあるかも。

2019/01/19

東晃

金なくなったかと思いきや緩やかにインフレしていったの本当に笑う。しかしこれ銀行の後何を扱うんだろうか 星三つ

2019/01/18

感想・レビューをもっと見る