読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~ (5) (サンデーGXコミックス)

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~ (5) (サンデーGXコミックス)

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~ (5) (サンデーGXコミックス)

作家
麻生羽呂
高田 康太郎
出版社
小学館
発売日
2020-06-19
ISBN
9784091575982
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~ (5) (サンデーGXコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しぇん

ゾンビ物のお約束。人間との抗争へ。唯の捻くれたニートなのに妙に強い敵なのが少し違和感。よく生き延びてここまでたどり着いたなと。

2020/06/20

かなっち

ゾンビより怖いのは、恨みを持った人間ですね…(汗)。力を合わせて平和に暮らしてたのに、許すまじ日暮!!どうか、輝のお父さんが助かりますように…!!それにしても、ケンチョの対ゾンビの方法が……絶句でした。ゾンビも、肥溜めのニオイは苦手なんですね…。ゾンビに襲われた時には、参考にしようと思います(笑)。

2020/07/25

ゼノ

《★★★★★》 群馬へ帰省した天道輝たち3人の村人たちとの日常回から始まり、父と息子の会話など、平和なシーンから一転して、天道輝とは逆の方向に枷が外れた日暮莞太たち4人によって引き起こされたゾンビ襲撃では、それぞれの主張、意見が登場し、一気にシリアスシーンとなり、より感情移入しながら読むことの出来る演出でした。

2021/03/08

satoshi

日暮はどうしようもない奴だけど、実は気持ちは少しだけ分かる。ニートとかしてるとルサンチマン溜め込みまくるから、「社会なんてぶっ壊れればいいのにな」と思うことがあるから。俺も就活失敗してフリーターやってた期間は、自分をでき損ないと思ってて、全部ぶっ壊れればフリーターとか関係ないのになぁとか本気で思ってたからね。だから彼ら彼女ら4人が主人公たちの対極として登場するのは良いと思う。

2021/03/05

感想・レビューをもっと見る