読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブラック・ラグーン (12) (サンデーGXコミックス)

ブラック・ラグーン (12) (サンデーGXコミックス)

ブラック・ラグーン (12) (サンデーGXコミックス)

作家
広江礼威
出版社
小学館
発売日
2021-08-19
ISBN
9784091576460
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブラック・ラグーン (12) (サンデーGXコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

アバズレ&ですだよ、久々のコンビ復活。ぎゃー嬉しい!ワクワク、逡巡、そしてドンパチ、まさにブラクラだ! 20周年記念の巻末鼎談で、作者広井さんの状況が少し分かりました。もうこの漫画を描いてくれるだけで尊いです。ゆっくり最終巻まで続けて欲しいです。

2021/08/23

ずっきーーーん

巻末対談で泣けた。描いてくれてありがとう!

2021/08/23

sin

「あ、出た!」間が空いた…と云う以上にもう出ないかと思わせるぐらいに…20周年おめでとう!相も変わらぬ殺伐とした内容で、相も変わらず平和ボケした祖国の殻を引きずったままのロック!彼の描いた筋書きの結末や如何に!?まあ、現実はそんなに甘くないと思うのだが、そして次巻に引く内容なのでサウナは我慢して出来るなら早く13巻を出して頂きたい。

2021/08/25

rotti619

久しぶりの新作。あとがきを読むと、多くの方が想像していた通りロベルタ復讐編の賛否が激しすぎて、作者の精神が病んでしまい休載に至った事がわかる。わかるんだけど、今回出てきた5人組の敵がどうしても格下感が否めない。今回もドンパチも派手だし台詞回しもキマっているけど、今までの敵が強烈過ぎた。ただ、敢えてこういう形(特にバックが弱いという所)で出した可能性もある。20周年ということは、当然作者も年齢を重ねてガタが来ているので、体調と相談しながら是非続けて欲しい。

2021/08/19

kei-zu

久しぶり、実に久しぶりの新刊(ノД`) 「知らんうちに、悪くねえ面構えになってるな、お前」と、最近のロックはダッチのお墨付き。 私の職場にいる、自分の美学から夏でもネクタイを外さない後輩に「「ブラック・ラグーン」のロックって、知ってる?」と聞いてみた。 私の問いかけに、「え?知りません」と後輩は戸惑い顔。

2021/08/21

感想・レビューをもっと見る