読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

海街diary 9 行ってくる (フラワーコミックス)

海街diary 9 行ってくる (フラワーコミックス)

海街diary 9 行ってくる (フラワーコミックス)

作家
吉田秋生
出版社
小学館
発売日
2018-12-10
ISBN
9784091670885
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

大ヒット☆鎌倉での四姉妹物語…ついに完結

春夏秋冬、いつもこの街にいた。いつも一緒だった。
そして―――すず、旅立ちの時…

浜田は千佳(ちか)と入籍し、エベレスト登山のために旅立った。
幸(さち)と佳乃(よしの)もそれぞれの恋が進展。
すずは中学生最後の夏が終わろうとしていることを実感する…。

すずが中学1年の夏、蝉時雨のやむ頃から始まった家族の物語、ついに完結!
すず、そして弟・和樹の“その後”を描いた番外編「通り雨のあとに」も収録。

海街diary 9 行ってくる (フラワーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本読みたぬき

ついに完結!生と死や家庭の事情など、重いテーマを扱いながら、その傷をどこまでも明るく澄み切ったトーンで描いたこの作品が大好きでした。今アニメ「BANANA FISH」を録画して少しずつ観ているけど、海街diaryとBANANA FISHは日本の日常とNYのハードボイルドという真逆の世界を描きながら、その本質は同じように感じます。吉田秋生、半端ないって!!!

2018/12/12

Nao Funasoko

シンプルな描線の余白から生まれ出づる音、色、匂、温度、湿度、、、、その情報量たるや読み手の想像をはるかに超える。ごく限られたタッチで幾重もの心情を描きわける凄み。言葉で説明するでなく、絵で解説するでなく。1コマ1コマ、1ページ1ページが持つ空気感のようなものから伝播してくる強く優しくきめ細やかな物語。画業40周年を迎えた吉田秋生のひとつの到達点。あっぱれ。

2018/12/10

さなごん

また最初から読み直したいなあって思った。それぞれの関係が素敵だ。続きも気になるがこれからが始まり、なんだろうな

2018/12/10

bluemint

連載12年か、あっという間に過ぎてしまった。最後に遭難騒ぎがあったものの、たいしたヤマ場もない作品なのにこれほど愛おしいのは何故なんだろう。善意の人たちが織りなす普通の生活とすずの成長を見守り、応援してきたからなのかな。みんなのこれからが幸せであるように祈りたい。番外編は妙ちゃんがいい味出しているので今作だけではもったいない。中学から使っている傘が結婚相手に「ずっと」評判悪い、とすずが言っているので、相手は風太に違いないと思う。

2018/12/10

れみ

最終巻。すずはもちろん、色んな人が人生の節目を迎え、「行ってくる」と言う。ここは自分にとって大切な人たちがいる場所で、いつかきっと戻ってくる大切な場所。そう思うからこそ口にし、心に思う言葉。映画をきっかけに手に取ったこのお話。出会えて良かった。

2019/01/04

感想・レビューをもっと見る