読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

岡崎に捧ぐ (5) (BIG SUPERIOR COMICS SPECIAL)

岡崎に捧ぐ (5) (BIG SUPERIOR COMICS SPECIAL)

岡崎に捧ぐ (5) (BIG SUPERIOR COMICS SPECIAL)

作家
山本さほ
出版社
小学館
発売日
2018-10-30
ISBN
9784091792624
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ずっと続くと思っていた山本さんと岡崎さんの友情に入ってしまったヒビは、4年間もの空白を生んでしまった。そして運命の電話が鳴り響く…二人の一大友情叙事コメディ、遂に完結!!

岡崎に捧ぐ (5) (BIG SUPERIOR COMICS SPECIAL) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

akihik0810/文化系友達募集中

岡崎さんとの二十年に渡る友情物語、社会人編。ついに完結、シリーズ8/10点の傑作エッセイコミック。人は大人になると社会に出て、子供の時に持っていた夢や感性など、多くのものを失う。私も大人になったことで多くを失ってきたし、作者も失ってきた。しかしそれでも著者には、子供の時からのかけがいのない友情があるのだ。人間関係の形は変わりこそすれ、そのかけがいのなさは変わらない。著者は幸運な人だと思うが、それは漫画家になれたことじゃなく、かけがいのない友人を持っていることだと思う。私も友達を大切にしようと改めて思う

2018/11/25

mukimi

四巻とあわせて)受験戦争で敗者となり、社会に出てからもそれを引きずる作者。一時はまさに廃人と化す。それでも子供の頃からの友情で信じ支え続ける幼馴染たち。そして作者は一念発起してこの漫画を描くに至る。喧嘩別れしても、恐ろしく馬鹿な姿を見せても、社会でぼろぼろになっても、友達となら笑い飛ばせる。友情って、愛とか信頼とかでなくて、ホルモン分泌みたいな、どうにも抗えない人体の不思議みたいなものだと思った。人生で友達なんてほんの少し。大切にしようと思う。

2019/02/13

ちゅんさん

よかった。このエッセイ漫画は一応ここでお終い。さみしいけど終わりがあるからいいんだよね。そして二人の物語はこれからも続いていく。

2018/11/09

あーびん

社会人になっても二人とも本当に仲がよすぎ!そしてあふれ出る岡崎さんへの想いがタイトルにつながっていく...(涙)癖のあるキャラクターばかりで楽しかったのでいつか後日談が読みたい。

2018/11/10

ジャンボ

作者の山本さんと、ちょっと変わった女の子・岡崎さんの20年にわたる友情物語。前巻で喧嘩別れしてしまった岡崎さんから4年振りにかかってきた電話。それをきっかけにふたりの友情が復活。辛い境遇にいても、親友と呼べる人がいるのは幸せなことでしょうね。私にもふとしたすれ違いからほぼ絶縁状態になってしまった親友がいます。今、彼と話すことができたら、お互いを許すことができるのかな……なんて考えてしまいました。

2018/11/06

感想・レビューをもっと見る