読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まんが浪費図鑑 (コミックス単行本)

まんが浪費図鑑 (コミックス単行本)

まんが浪費図鑑 (コミックス単行本)

作家
劇団雌猫
朝陽昇
出版社
小学館
発売日
2018-10-17
ISBN
9784091792648
amazonで購入する Kindle版を購入する

「まんが浪費図鑑 (コミックス単行本)」のおすすめレビュー

アイドル、若手俳優、同人誌…“沼”に落ち、“推し”のために浪費するオンナたち

『まんが浪費図鑑』(劇団雌猫:原案、朝陽 昇:まんが/小学館)

 よく「今の若者はモノを買わなくなった」なんて言われるが、自分が本当に好きなアイドルやキャラクター、いわゆる“推し”のためとなれば話は別だ。筆者も最近、ある声優のファンクラブに入り、いつも万単位でお金を使っている。全国ツアーが行われるとなれば格安の深夜バスで現地に向かい、「今回の物販は戦争になりそうだ」と聞けば朝4時に飛び起きて始発で並びに行く。全力でパフォーマンスをする彼女にファンとして全力で応えながら、たくさんのエネルギーをもらって家に帰る。あんなに輝いている彼女のファンとして、恥じない自分であらねば――そんなことを考えながら、今日もこの原稿を書いている(と言っても過言ではない)。

 さて、本稿で紹介する『まんが浪費図鑑』(劇団雌猫:原案、朝陽 昇:まんが/小学館)は、筆者と同様、“推し”にたくさんのお金をつぎ込む女性たちの生き様を記録した短編集である。それはハタから見れば“浪費”としか思えないのだが、当人たちにとっては紛れもない“愛”の形であり、生きるための支えになっているものだ…

2018/11/12

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

まんが浪費図鑑 (コミックス単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミライ

現代のオタク女性がどのようにお金を使い、対象に愛を注いでいるかを綴ったエッセイ「浪費図鑑」の漫画版。ソシャゲ・フィギュアスケート、占いなどで浪費する女性の心理が上手く描かれている。エッセイ(オタク女性の対談などあり内容豊富)と比べて内容は薄いが、オタク女子の心理をサクっと知りたい人は試しに読んでみるのもアリ(30分くらいで読める)。

2018/10/21

Moemi

コミックとしては『だから私はメイクする』のほうが好きですが、こちらも面白かったです。原作も読みたい。 「フィギュアスケートで浪費する女」のお話が好きでした。大阪のおばちゃんの言葉が強烈かつカッコいい!! 舞台俳優さんに貢ぐ仕組みも、こういう世界があるんだ…と興味深かったです(笑)

2020/06/04

朝比奈さん

最後の多ジャンル飲み会がツボでした。自沼のセリフが一言だけだったけど。沼の中はあったかいんだよ〜

2019/02/03

aki

側から見たら浪費、だけど本人からしたら生きがいなんだってこといっぱいある。私も自分の好きなものにはすぐお金使っちゃうしそれを後悔してないけど、他の人の趣味見てると「なんでそれにそこまでお金かける?」ってものいっぱいある。人それぞれ

2020/04/27

りぷれ@灯れ松明の火

まんが版「浪費図鑑」。絵も綺麗で、とても読みやすかった。最初の同人誌に浪費が1番わかる。一瞬、昔の自分のことじゃないかと慌てた(今はだいぶ落ち着きましたが)。「同人誌の出会いは一期一会」、ほんとそれ!もう思いっきり頷いてしまいましたよ。フィギュアスケートに浪費は、よく考えるとスケールが大きい浪費だなあ…。でも気持ちはわかる。

2020/04/15

感想・レビューをもっと見る