読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ダルちゃん: 1 (1)

ダルちゃん: 1 (1)

ダルちゃん: 1 (1)

作家
はるな檸檬
出版社
小学館
発売日
2018-12-06
ISBN
9784091792686
amazonで購入する Kindle版を購入する

ダルちゃん: 1 (1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

❁かな❁

新井賞を受賞した作品。コミックで受賞するのは初めてなので気になって読んでみました。ダルちゃんこと丸山成美は24歳の派遣社員。周りの人達と違うのを気にし本当はダルダルしたいのに外では普通の人に擬態して生きている。20代の女性に向けて書かれた作品とのことですが、どの年代にも気持ちわかるところがあると思う。周りから浮いてしまわないように本当の気持ちを押し殺して笑顔でその場を乗り越えたり。ダルちゃんの生き辛さがよく伝わってくる。普通にしなきゃって常に考えるのなんてすごくしんどいだろうな。サトウさんとの場面で涙。

2020/05/31

しいたけ

噂の新井賞受賞作。資生堂ウェブ花椿に掲載されていたものだとか。資生堂の社会福祉財団の取り組みにはいつも敬意を払っているが、おしゃれな広報誌でこのようなコミックを扱うとは感服した。ダルちゃんの生きづらさ、ふつうに振る舞おうとする健気さ、社会にとけ込めない寂しさ。世の中にたくさんいるはずの「ダルちゃん」を、わかっているよと肩を抱くようなストーリー。居場所を見つけてほしい。自分を大好きにさせてくれる人と出会ってほしい。傑作。

2019/02/19

Pure

娘から借りて読みました。なかなかえぐるストーリーでした。私もダルダル星人的資質(何だソレ)を持っているので共感できる。ダルダル星人がこの世の中で生きていくにはどうしたらいいのかな?ダルダル星人が増殖しているようにも思えるこの世の中、どうしたらいいのかな?

2019/08/17

ちゅんさん

ふざけた漫画かなと思って読んでみたらしっかりした漫画だった。なかなか、これなかなかですよ。

2019/03/22

olive

「新井賞」作品ということで読んでみました。「人間失格」が頭に浮かんだのは私だけか?生きづらさに道化=擬態する。道化が擬態がバレれ自分の内側が暴かれた時に震撼とかね。これは私のこと?と多くの人が思うダルちゃんのその後が気になるわ。

2019/01/27

感想・レビューをもっと見る