読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

7人のシェイクスピア 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

7人のシェイクスピア 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

7人のシェイクスピア 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

作家
ハロルド作石
出版社
小学館
発売日
2011-12-27
ISBN
9784091842442
amazonで購入する

7人のシェイクスピア 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

このシリーズの第一部の最後の本です。なぜ中断したのかはあまり詳しいところは不明ですが、第二部がもうすぐ出版されるものも含めて3冊が楽しみです。この本では、4人組の一人の(ミル)の経歴が描かれています。やはり旧教の司祭はひどい目にあったようです。リーの能力をうまく利用してこれからいよいよロンドンへというところで終わっています。

2017/10/28

momogaga

レンタル。今巻はこれからも読み返すことになった。自由を手に入れることができない階級のシェイクスピア。その彼が自由を支配することに熱望した。そして口にしたのは「何かを掴み取ろうと思っているか満月を見るたびに思い出そう」

2019/01/01

S

生まれながらにして運命付けられた身分から脱出しきることはできないと、権力を前にして叩きつけられたシェイクスピア。父親が大金をはたいてまで得ようとした地位、名誉、金は単にそれだけにとどまらず、その中には確かに「自由」があったのだと(父親自身が自覚していたかは謎だが)気づく。父親が叶えられなかった夢をつかみ取ろうと誓う二人の青年と月の輝きが印象的。ふと思い出したのだが、英語の慣用句で「月を掴む」というのがあるが、意訳すると「無い物ねだり」…。果たして二人の行く末は。次巻より新シリーズが始まる。

2018/10/24

cockroach's garten

ついに第一部最終巻。街の権力者の言い草が酷い。しかし当時の貴族からみれば下の者なんて塵芥のような存在だったのだろう。彼らはたった5%以下なのだが。そんな権力が幅を利かせる街からついに二人は出て行く。ここでランスとワースを名乗り、別人として生活し始めた。何もかも置いて。その途中ミルの正体が知れる。彼が聖書を愛していたのは最初敬虔な教徒かと思っていたが、違っていたようだ。そして彼も凄惨な体験をして三人で最初の街リヴァプールへ逃れていく。事情で連載が中断していたらしいが、また再開したので早く読みたく思う。

2017/11/01

ひかり

ここで終わりだったらひどいでしょ~!第二部に続いてよかった!もうかなりひたすらひどい展開の連続。二人がリヴァプールに行った経緯とか偽名を名乗っていた理由とか。ミルも偽名かつシェイクスピアの一員なのね。

2017/11/24

感想・レビューをもっと見る