読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

14歳 4 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

14歳 4 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

14歳 4 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

作家
楳図かずお
出版社
小学館
発売日
2012-11-30
ISBN
9784091848246
amazonで購入する

14歳 4 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小鈴

【ネタバレ注意】新たに17ページのカラーの描き下ろしがあるのですがこれが凄いんですよ。ラスト3ページのモノローグの主語は誰なのかで全体の物語が覆ります。語り手の主語が作者(メタ)の場合は一般論として語られるので話の構成は変わりません。美しい宇宙幻影絵巻として物語を読むことができます。もうひとつ考えられる主語がゴキンチと一緒に目玉の羅針盤を握る大統領の場合。大統領が最後の瞬間に見た夢のように捉えることができます。アメリカが「帰るよ」と叫ぶセリフと最後のモノローグの背景色は赤色なんです。ということは。。。

2020/03/14

小鈴

楳図かずおの最終作品(現時点において) がウメズパーフェクションシリーズとして復刻。しかも、新たなカラー描き下ろし(17年ぶりの!)&ロングインタビューつきということでこの最終巻だけ購入。小学館の文庫版全13巻を読んだ後に、その部分だけを読むという贅沢読みw。人類滅亡をテーマとした終末漫画の最高峰の一つだと思いますが、何度読んでも衝撃を受けるのは、宇宙人の人類レイプシーンです。こんなに性をおぞましく描ける漫画家はいないでしょう。評価の分かれる作品ですが、一読の価値有りです。

2013/01/16

ぐうぐう

17年ぶりに描き下ろされた真のエピローグが追加されたことで、『14歳』が『漂流教室』に対するアンサーソングならぬアンサー漫画であることがはっきりと示された。楳図かずおはこれまでも、子供達に過酷な試練を強いてきた。懸命に生きる子供達は、たった一度の奇跡を信じ、あきらめることなく、前へ前へと歩み続ける。そんな子供達の究極の試練の物語こそが、この『14歳』なのだ。『漂流物語』のラストで、空に向かって駆け上っていった子供達が、『14歳』において、あの空から降りて来る。(つづく)

2012/12/23

たにしぃ

えっこのラストの書き下ろしがあるないで全然印象違うのでは…

2014/04/26

くろいの

凄かった・・・それにしても、連載当時読んでたはずなのに全然覚えてなかったのは何故だろう。モノたちのプロレスや、宇宙人の襲来なんか衝撃的すぎて忘れられないはずなのに覚えてない。凄すぎて脳が消去したのか? ムシだったんだ!!!!は覚えてたけど、当時は「へ?」って思った記憶があるのに、今回は凄い感動した。18ページ加わる前のラストのコマですんごい感動した。博士、本当によかった・・・と思えた。楳図作品のあらゆる要素、ネタが入りまくった本当に凄い作品。ウワーーーッ!

2013/04/18

感想・レビューをもっと見る