読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天智と天武-新説・日本書紀- (6) (ビッグコミックス)

天智と天武-新説・日本書紀- (6) (ビッグコミックス)

天智と天武-新説・日本書紀- (6) (ビッグコミックス)

作家
園村昌弘
中村真理子
出版社
小学館
発売日
2014-11-28
ISBN
9784091866103
amazonで購入する Kindle版を購入する

天智と天武-新説・日本書紀- (6) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るぴん

レンタル。今までと表紙の雰囲気が全然違う。ゴージャスな感じになったなぁ。白村江の戦いは、圧倒的な国力の差で唐に惨敗。いずれは唐も征服すると言っていた中大兄が、世界征服を目論む悪の帝王のように見えた(^_^;)大海人の感情爆発シーンは良かったけれど、その後のBL展開はなくてもよかったような…(ーー;)愛と憎しみは表裏一体ということか。これからどうやって日本に戻るのか、気になるところ。

2015/02/23

ちんれん

白村江の戦いの真実。内容が、歴史大作だが、BLくささがここに来てくどいと言うか、面白さを下げている。

2014/12/07

玲瑚

《借物》白村江の戦い。百済救援のはずが、唐に向かって挑んだ理由そこ!?中大兄皇子の狂気。大海人皇子の生きる理由。新説とはいえ、ぶっ飛びすぎでは……?(苦笑)物語としては面白いです。

2014/12/15

mari

楽しみに買っているマンガの一つです。大海人の中大兄に対しての怒涛のキレっぷりが今回の見せ場。その後に続く禁断のBLは私的にはいらんのですけど、やっぱり人気なのかな。殺したいぐらい大嫌いで大好きなのだなぁという、複雑な心の葛藤は良かった。とりあえず頑張れ、弟!

2015/01/27

けい

文句なしに面白い。早く続きが読みたい!

2014/12/13

感想・レビューをもっと見る