読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黄昏流星群 (49) (ビッグコミックス)

黄昏流星群 (49) (ビッグコミックス)

黄昏流星群 (49) (ビッグコミックス)

作家
弘兼憲史
出版社
小学館
発売日
2015-03-30
ISBN
9784091868237
amazonで購入する Kindle版を購入する

黄昏流星群 (49) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

momogaga

レンタル。キーワード「働き蟻」「ゴミ屋敷」「日記帳」。新潟県が登場。やっぱりへぎそばが出てきました。新潟にまた行きたくなりました。

2019/06/23

ぐうぐう

「人生再星の詩」は、よくある「if」ものだ。けれど、ここでアクセントとなっている、大学時代の友人の登場が、物語のスパイスになっていていい。こういうスパイスをさらりと利かすことができるのは、短編を長く描いてきた弘兼憲史ならではだ。つづく「星の絆」が、さらにいい。捻りのある展開が、人情物語を奥深いものにしている。これぞ、熟練の技だ。

2018/11/04

kotte

人生がやり直せたら…何をしますか?よく使われる問いですが、私は考えたこともありません。しかし、漫画でこの問いに答えを見てみると…人生やり直しができたら楽かもしれないなあ…と思いました(笑)

2017/07/27

fumikaze

短編が二つ載っている。両方ともよい意味での意外な結末で、ほのぼのとした温かい気持ちになる。①家庭も仕事も失い疲れきった男性が、十年前に戻って人生をやり直すか、or 憧れの女性を手にいれるかどちらか選べと言われ、彼は人生をやり直す方を選ぶ。....私だったら(子供時代に戻れるなら話は別だが)十年前に戻ってやり直したいとは思えない...、いや、最後まで人生を諦めてしまってはいけないのだろうけれど。

2015/06/29

満月-ya

★★★☆☆

2015/10/11

感想・レビューをもっと見る