読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天智と天武-新説・日本書紀- (9) (ビッグコミックス)

天智と天武-新説・日本書紀- (9) (ビッグコミックス)

天智と天武-新説・日本書紀- (9) (ビッグコミックス)

作家
園村昌弘
中村真理子
出版社
小学館
発売日
2016-01-29
ISBN
9784091874474
amazonで購入する Kindle版を購入する

天智と天武-新説・日本書紀- (9) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けい

濃いなあ。濃い愛憎劇。歪んだ愛情。いいわあ。早く続きが読みたい。

2016/02/14

へへろ~本舗

つい帯に惹かれて買ってしもた。実は天武はヤンデレで沓だけ残させて天智天皇を監禁といふターン……無理か…

2016/01/30

しらたま

唯一無二の右腕だった鎌足を喪い、暴走が増す天智。寺と仏像を燃やすはずが、世界は突如BLへ。 奪う(殺す)ことでしか愛を表せないと天智に言う大海人も、憎しみと愛の区別がつかないほど心を占めているし。 入鹿・天智・大海人・大友。惹かれなければ争わずに済んだのでしょうか。 額田の存在が引き立て役なんて、本人にしかわかるはずない。山科での最後のシーン、二人の喜びに満ちた顔。吉野での讃良の本領発揮の顔、さすが持統かなと。十市の夫を想う心も潔く、愛を感じます。つい何度も読み返してしまった巻です。

2016/09/03

getsuki

帯からして強烈だったのに、中身読んでさらにびっくり!こんな展開ですか、あの沓の逸話をそんな解釈されて、かなり動揺しとります。本編はというと鎌足の死、中大兄の死、そして壬申の乱へと続いていきます。しかし、どこまでやるんでしょうかね……着地点が読めん。

2016/01/30

るぴん

レンタル。右腕だった鎌足を亡くし、暴走する天智。うーん、数巻前からBL色が濃厚になってきていたけれど、ここにきて一気に爆発。兄弟だけならまだしも、入鹿や大友皇子まで…。BLは苦手なので、ここまで入り組んでくると引いてしまう(-。-;展開は気になるので最後までは読むけれど。鸕野讃良皇女がさっぱりしてて1番格好いい。

2016/04/08

感想・レビューをもっと見る