読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス)

健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス)

健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス)

作家
柏木ハルコ
出版社
小学館
発売日
2016-08-30
ISBN
9784091878106
amazonで購入する Kindle版を購入する

健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

公務員のえみるは生活保護に関わるケースワーカー。ケースそれぞれに背景がある。家庭の中の問題は表に出ず難しい。今回は虐待のケース、家庭内暴力で家を飛び出したケースを収録。どんな事情があれ、子供を虐待する事は許されない。子供は家庭から離れては生きていけない。私自身も家族と向き合い独善的にならない行動をとろうと感じた。夫の暴力で高知から都内に住む息子に実を寄せた母のケース。世帯の概念があり、簡単に生活保護は受けられない。もどかしくもあるが、法の下の現実を見た。普段は馴染みの少ない生活保護に光を当てた貴重な作品。

2016/09/05

あん

父親に財力があるにも関わらず、息子から申請された生活保護の裏に隠された、父親からの性的虐待。生活保護申請の裏に隠された真実を見極め、原則と照らし合わせ、判断を下す作業は生半可ではない。 ケースワーカーという仕事にまっすぐ向き合っても、えみるの奮闘がいつも実を結ぶとは限らないし、徒労に終わる事のほうが多いと思うからこそ、応援せずにはいられません。

2016/10/15

しいたけ

息子と父親の関係にはすぐ察しがつく。そこに向かって描いているのだから当たり前なのだが。私が仕事で主人公義経えみるに当たってしまったら、言うセリフはただ一つ。「ちっ、使えないワーカーだな」。ケースワーカーの成長物語に付き合ってやれるのはコミックだけ。コミックスでさえ、いい加減読むのはやめようと思ったり。と言いつつ、次巻は来年の春発売かあとチェックする。

2016/09/16

nyaoko@やや糖質制限中

扶養照会問題の後編。島岡親子の確執、なんてこったい…重い、重すぎる。でも、これはきっと氷山の一角。この問題はとてもデリケートだし、なかなか表に出せない心の問題だから、もっと沢山の人が苦しんで泣いているに違いないと思う。しかし、生保は本当に担当者によってその人の将来の明暗が大きく別れてしまう!福祉関係だけでなく、社会保障について関わる仕事をしている方には是非とも読んでもらいたい漫画だよなぁ。

2016/10/06

じん

この物語の仕事に、多少関係のある業務をしているが、「現場」をみる機会がないのでイメージを補完するために読んでいる。長い人生には程度の差こそあれ、誰でも落ち目の時がある。本当にドン底まで落ちたら、なかなか這い上がれない。傷が浅ければ、治りも早い。限りある財源を有効に活用してほしい。京極係長・半田さんの視点で読んでしまう。えみるは、ほんとに世間知らずで行政の知識もない。まあ、自分があの年の頃はもっと未熟だったが。行政スタッフの苦悩も描かれててよい。制度に限界はあるが、その制約のなかでベストを尽くしてほしい。

2016/12/23

感想・レビューをもっと見る