読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あさひなぐ (21) (ビッグコミックス)

あさひなぐ (21) (ビッグコミックス)

あさひなぐ (21) (ビッグコミックス)

作家
こざき亜衣
出版社
小学館
発売日
2016-11-30
ISBN
9784091892300
amazonで購入する Kindle版を購入する

あさひなぐ (21) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

wata

決着。必ずしも試合は強者が勝つわけではない。けどその確率はとっても少ない(^^;練習の時にはない集中力と緊張感で勝っちゃうこともあるけどね。旭さん、いい試合したなぁ♪

2016/12/18

はつばあば

再読。将子ちゃん漢です(女の子にだって漢の要素はあるんです!)。もう一度旭と一堂の試合が見られる。試合というより・・・なんだろう。たった二人の思いのたけが薙刀に込められている。そして・・一堂は皆の輪に入れた。こういう試合(それ以前にスポーツ)はしたことが無いけど、本当にいいものですね。実力よりも力を発揮することもあるだろうし、反対に負けることも。時の運ともいうけれど・・・。勝負の世界はキビシイわ。真春さん、少しの辛抱で済むなら・・一生を棒にふるような事はしないで。

2017/07/18

くりり

インターハイ東京予選の団体戦、旭vs寧々の代表戦は延長の連続、サドンデス?サッカーじゃないから違うか(笑)

2016/12/04

kazmimagica

ようやく寧々と旭の戦いが決着。心技体がそろうことができた旭、心のゆがみが消え成長できた寧々。そのためにフォーローしてきたそれぞれの部員達。そして、ようやく重しから解放されたであろう寒河江部長の涙。やはり良いなぁ◎◎◎

2016/12/01

ソラ

熱い試合だった。一堂さんもこれで必要以上に纏っていた鎧を一つ脱ぎ捨てて角が取れてまた一段高く上るのではないかなと。真春は苦しいなぁ

2017/03/25

感想・レビューをもっと見る