読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天国ニョーボ (4) (ビッグコミックス)

天国ニョーボ (4) (ビッグコミックス)

天国ニョーボ (4) (ビッグコミックス)

作家
須賀原洋行
出版社
小学館
発売日
2017-10-30
ISBN
9784091897275
amazonで購入する Kindle版を購入する

天国ニョーボ (4) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

このニョーボがいなければ、須賀原洋行というギャグ漫画家は30年前に消えていただろう。それが分かっているのか、コドモ達の学費稼ぎ、或いは忘れられて二度目に死ぬことを防ごうと必死に記憶を拡散させるためにか、辛く悲しくてもオホホのスタイルのまま完結する。確かにこのニョーボは実在するのだ。

2017/11/02

スエ

形而上の頃から元気をもらっていたよしえさん。 読む度に涙が止まらない。 ダンナ、よしえさんの最期を描いてくれて本当にありがとうございました!!

davi

死に至るかもしれない病に臨む時に強いられる様々な判断。それらの判断が「正解」であったとしても完治が約束されてるわけじゃない。未知の体験にもがき苦しみ、そんな生活の中の一喜一憂する送る側の想いが上手く描けている。結末は最初から分かっている上での最後の数話は胸に来るものがあった。

2017/12/24

spicegirl30代コーセンマン

泣くわ

2017/11/18

たいち

読むのがつらいとも思いましたが、最終巻も購入。相手ならどう言うか、というコミュニケーション法は、重要だと感じました。 この漫画を描くことは苦しい作業だったと思いますが、こうして単行本として残されたということは、同じ境遇にある人たちにとっても貴重なものだと思います。

2017/11/02

感想・レビューをもっと見る